回転ずし「スシロー」を手掛けるFOOD&LIFE COMPANIESが、自社デリバリー網の整備を進めている。11月9日に開いたテークアウト戦略説明会では、外部のデリバリーサービスだけではカバーできない需要を取り込むと狙いを語った。

スシローが自社デリバリーで使う2輪車
スシローが自社デリバリーで使う2輪車

 コロナ禍にあって業績が好調なFOOD&LIFE COMPANIES。11月5日に発表した2021年9月期の業績は、売上高に当たる売上収益が前期比17.5%増の2408億円、営業利益が同89.9%増の229億円となった。外食業界が苦境にあえぐ中でも積極的な出店を継続。21年9月期はテークアウト専門業態の「スシロー To Go」を含め、国内で新たに52店舗を開いた。

 売上収益の88.5%を占める国内スシロー事業をさらに成長させる戦略の1つとして取り組むのが、自社デリバリー網の拡大だ。21年11月9日時点で自社デリバリーを導入済みなのは33店舗。20年9月末から1年余りで30店舗増やした。今後も「出前館」や「ウーバーイーツ」といったフードデリバリーのプラットフォーマーが進出していない地方などを中心に自社の配達網を広げる考えだという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1933文字 / 全文2432文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「1時間で完全理解 『量子コンピューター』は何がすごいのか」

 岸田内閣の「新しい資本主義」の重点投資に組み込まれた量子コンピューター。既存のコンピューターよりも処理速度が速いといわれる量子コンピューターですが、その技術や、我々の社会や経済をどう変える可能性があるのかを理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。

 日経ビジネスLIVEでは9月13日(火)19:00~20:00に「1時間で完全理解、 『量子コンピューター』は何がすごいのか」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、住友商事で新規事業創出を担うQXプロジェクト代表・寺部雅能氏と、業界動向に詳しい野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員の藤吉栄二氏。量子コンピューターの技術的な特徴から、ビジネス活用の最前線まで分かりやすく解説します。

■開催日:2022年9月13日(火) 19:00~20:00(予定)
■テーマ:1時間で完全理解、「量子コンピューター」は何がすごい?
■講師:寺部雅能氏(住友商事QXプロジェクト代表)、藤吉栄二氏(野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。