9月9日、外食大手、コロワイドによる大戸屋ホールディングス(HD)へのTOB(株式公開買い付け)が成立した。コロワイドは創業家から昨年取得した大戸屋HD株を土台に、今回のTOBで持ち株比率が46.77%に高まった。これを受けてコロワイドが開催を求めた臨時株主総会では、経営陣を刷新する取締役選任議案を諮る。取締役候補には大戸屋HDの実質的な創業者である三森久実氏の長男で、かつて同社の常務を務めた三森智仁氏が名を連ねた。そもそも創業家はなぜコロワイドに株を託したのか。智仁氏に聞いた。

創業家として保有していた19%弱の大戸屋HD株の売却を考えたきっかけはなんだったのですか。

三森智仁氏:2015年に亡くなった父(久実氏)の遺産を承継するために相続税を納める必要がありました。創業家として株を守る必要があったので、大戸屋HDの保有株を1つも手放さずに遺産を相続したかったのですが、そのために必要な資金が4億円ほど不足していました。相続のために、母(久実氏の妻・三枝子氏)の保有株を担保に金融機関から4億円の融資を受けていたのです。その返済のために株の売却を考えた、というのがきっかけでした。

三森智仁氏は創業家出身。コロワイドに大戸屋HD株を売却し今回、取締役候補になっている
三森智仁氏は創業家出身。コロワイドに大戸屋HD株を売却し今回、取締役候補になっている

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3554文字 / 全文4058文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

外食を救うのは誰か』を刊行!

 コロナ禍で大きな打撃を受けた外食産業。採算性の低さや人手不足は表層的な問題にすぎない。真の問題はコロナ禍前から変わっていなかった。
 日経ビジネス記者がキーパーソンを表から裏から徹底的に取材し、外食産業の構造と課題を解き明かす1冊を刊行しました。約400万人が従事する約25兆円の産業を救うのは誰か──。