コロナ禍の外食産業で唐揚げ専門店や焼き肉業態が堅調に推移する中、次の鉱脈として注目を集め始めているのがウナギだ。うな丼やうな重など、丼メニューを中心とした「ウナギファストフード」で伸びているのがG―FACTORYが運営する「名代 宇奈とと」。2020年6月時点で14だった国内店舗はライセンス店の展開を始めたことで1年で61店に増えた。

 既存の飲食店で宇奈ととのメニューを販売する「二枚看板戦略」が当たった。ウナギのファストフードはどこまで浸透するのか。G―FACTORYの片平雅之社長に聞いた。

<span class="fontBold">片平雅之(かたひら・まさゆき)氏</span><br>1975年生まれ。大阪府出身。高校卒業後の93年に神戸製鋼所に入社。2003年に「名代 宇奈とと」の経営権を買い取り、G―FACTORYを設立、代表取締役社長に就任。16年に東証マザーズに上場。
片平雅之(かたひら・まさゆき)氏
1975年生まれ。大阪府出身。高校卒業後の93年に神戸製鋼所に入社。2003年に「名代 宇奈とと」の経営権を買い取り、G―FACTORYを設立、代表取締役社長に就任。16年に東証マザーズに上場。

G―FACTORYの本業は飲食店支援やコンサルティングのイメージでしたが、コロナ禍ではウナギ業態の拡大が目立っています。

片平雅之氏:現在、当社の運営しているウナギ業態・宇奈ととは関東や関西圏を中心に国内61店舗(21年6月時点)を展開しています。20年6月までは直営店舗のみの14店舗だったことを考えると、大きく店舗数が伸ばせたのではないかと実感します。

 21年1~6月期のウナギ業態の売上高は20年同期の3億7500万円から1200万円減の3億6300万円となってしまいました。とはいえ、高価格帯のすし店や焼鳥店などを展開している「職人業態(M.I.T)」の売り上げが前年同期比で33.4%落ち込んだことと比べればまだいいほうだと思います。やはり高級業態はアルコールが提供できないと、どうにもならない。今後しばらくはウナギ店に力を注ぐつもりです。

そもそもいつごろからウナギ店を展開しているのですか。

片平氏:当社の始まりは私が2003年に宇奈ととの経営権を買い取ったことがスタートなので、祖業ということになりますね。

主力業務が飲食店へのコンサルティングなのでそちらがスタートだと思い込んでいました。買収して事業を始めたのですね。

片平氏:もともと、私の仕事の取引先が運営していた事業だったのですが、「宇奈ととは撤退を考えている」と取引先の経営者の方が売却を検討されていることを聞きまして、それに私が興味を持ったことが買収のきっかけでした。

もともと宇奈ととは拡大戦略を取っていた業態だったのですか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3913文字 / 全文4821文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。