コロナ禍で大きな打撃を受けた居酒屋産業。大手のワタミもその例外ではない。居酒屋業態の店舗は2年余りで半減し、生き残りを懸けた新業態を次々と打ち出した。環境変化に合わせて業態をつくり替える「朝令暮改」を続けたワタミの改革を追った。

試食会では一つひとつの料理の味を渡邉氏が確認する
試食会では一つひとつの料理の味を渡邉氏が確認する

 「これはいいね、採用」「こっちの肉はやめておこうか」──。

 7月1日、東京・大田のワタミ本社では2階のキッチンに渡邉美樹会長兼社長や幹部らが集まり、新メニューを決める毎週定例の試食会を開いていた。渡邉氏は一つひとつの料理を口に含むとすぐ、合否や改善案を提示していく。一つの料理の判断に費やす時間は5分とかかっていない。

 この日、最後の試食はバジルソース冷麺。6月末にかみむら牧場で提供し始めたばかりだが、3日を待たずにリニューアルとなった。渡邉氏は毎週、各業態のメニューを味見して回る。焼肉営業本部長の新町洋忠執行役員は、「バジルソース冷麺は味が薄く物足りない」と渡邉氏から指摘を受けていた。

 「麺に下味をつけました」。緊張の面持ちの新町氏。渡邉氏は口に含むと即座に「めんつゆを5cc加えて。塩味を強くした皿も別に用意して」と指示した。数分で新たに3種類の冷麺が準備された。その一つを口にした渡邉氏。せつな相好が崩れた。「よし合格、これでいこう!」

 提供からわずか3日で味を変える「朝令暮改」。このスピード感がワタミの現状を象徴している。

コロナ禍を経てワタミの業態ポートフォリオは激変した
コロナ禍を経てワタミの業態ポートフォリオは激変した
[画像のクリックで拡大表示]

 コロナ前後でワタミは変貌を遂げた。全社的に見れば外食と宅食の売り上げ構成比が逆転し、宅食が連結売上高の6割超を占める屋台骨となった。そして外食事業の中身も大きく変わった。「居酒屋大手」のイメージが根強いワタミ。確かに、2020年3月期時点では主力業態約393店舗のうち387店舗、9割8分が「ミライザカ」「鳥メロ」「和民」などの居酒屋業態だった。しかし、22年7月時点では約330店舗のうち居酒屋は195店舗と構成比が約6割まで縮小した。

 首都圏などのまん延防止等重点措置は22年3月下旬に解除されたものの、日本フードサービス協会の調査によると、4~6月の居酒屋業態の売上高は19年同月比で45.5~56.4%と低調だ。ワタミも居酒屋業態の店舗数をこの2年余りで200近く減らした。22年も40店舗を閉店させる計画で、「脱居酒屋」が加速している。

 では、ワタミはどの業態に商機を見いだしたのか。急増したのは唐揚げ業態。22年7月時点では、最も多い鳥メロの106店舗に次いで、20年夏から本格展開が始まった「から揚げの天才」が96店舗に拡大している。

 渡邉氏が「次の成長ドライバー」に位置付ける焼き肉業態は、「かみむら牧場」と「焼肉の和民」を合わせて37店舗となった。新業態を矢継ぎ早に打ち出しているが、滑り出しは苦戦することも少なくない。登場から1~2年で戦略を転換した事業もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1846文字 / 全文3035文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。