東京都品川区の大崎駅前のオフィスビルの一角にある「モスバーガー&カフェ」(以下&カフェ)。モスフードサービスの本社のお膝元の店舗だが、通常のモスバーガーとは少し趣が異なる。

 店頭のメニュー表は半分近くをスイーツやカフェ系飲料の写真が占めている。記者が店を訪れたのはランチタイムの午後1時。ハンバーガー類を食べている客だけでなく、カフェメニューを注文してパソコンを操作している人も少なくなかった。

モスフードサービスは新業態としてモスバーガー&カフェの出店を拡大している
モスフードサービスは新業態としてモスバーガー&カフェの出店を拡大している

 &カフェはモスフードサービスが拡大展開を推し進めている新業態だ。19年11月に1号店がオープンし、7月15日時点で首都圏を中心に34店舗が展開されている。ブレンドコーヒー(250円)、カフェラテ(350円)などのカフェドリンクや「モスのスフレケーキ」(560円)、「バスク風チーズケーキ」(340円)といったケーキメニューをそろえる一方で、野菜の下処理から店内で行っている「こだわりサラダ」やホットドッグといった「比較的オペレーションに負荷のかかるメニュー」(安藤芳徳・上席執行役員マーケティング本部長)はラインアップから外している。

 ひじ掛けを備えた椅子を置き、通常の店舗よりもテーブルを数卓減らして、来店客がゆったりと過ごせるようになっている。内装もカフェの雰囲気だ。「平たく言えば『なんちゃってカフェ』」。安藤氏は&カフェの特長をそう表現する。

 このカフェ業態を、モスフードサービスは21年度末までに80店舗、2024年度に300店舗まで拡大する構想を掲げている。「ハンバーガーを食べないお客さんでも気軽に入れるような店舗設計とする」と安藤氏は語る。

モスバーガー&カフェは通常の店舗とは異なり、スイーツやカフェドリンクのメニューが充実している
モスバーガー&カフェは通常の店舗とは異なり、スイーツやカフェドリンクのメニューが充実している
続きを読む 2/3 コロナ後を見据えた変革

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1752文字 / 全文2767文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。