コロナ禍で打撃を受け続けている外食産業で、ハンバーガー業態への新規参入が目立っている。ロイヤルホールディングス(HD)が5月末にチキンバーガーが主力の業態を開き、鳥貴族ホールディングス(HD)も8月にハンバーガー店を出店する。唐揚げに続き、苦境にある外食が一斉に寄せるハンバーガーへの期待。隣の芝生は本当に青いのか。

 ロイヤルHDは5月29日、東京・品川にフライドチキン専門店「Lucky Rocky Chicken(LRC)」を開業した。看板商品は国産鶏むね肉をバターミルクに一晩漬け込んで作る「バターミルクフライドチキンバーガー」(単品500円)。客単価675円で持ち帰り客75%、デリバリー15%、店内飲食10%を想定している。年内に首都圏を中心に5~10店舗を出店する。

ロイヤルHDが東京・品川にオープンした新業態「Lucky Rocky Chicken」。「戦略的な業態」だとしている

 「世の中の変化に対応する戦略的な業態の一つとして育てていきたい」。ロイヤルHDの黒須康宏社長が語るように、苦境が続く外食業界がハンバーガー業態にかける期待は大きい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1530文字 / 全文1963文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。