外食大手のコロワイドが定食チェーンの大戸屋ホールディングス(HD)の経営陣刷新を目指す株主提案を4月14日に公表した。経営陣を入れ替えて⼤⼾屋HDを⼦会社にする意向を示す。連結売上高では10分の1の規模しかない大戸屋HDに対するコロワイドの思い入れは強い。独自性の強い定食チェーンに、自社に無いものを見出しているようだ。

 コロワイドは大戸屋HDの筆頭株主で、約19%を保有する。6月の大戸屋HDの定時株主総会に向け、取締役候補者12人の選任を求めており、うち7人をコロワイド側が指名する形だ。焼き肉店「牛角」や回転ずし「かっぱ寿司」を傘下に収めるコロワイドの2019年3月期の連結売上高は2440億円。同じ期の大戸屋HDは250億円にすぎないが、コロワイドは株主提案が通らなければ敵対的TOB(株式公開買い付け)も辞さない構えだ。

既存店の売上高が5期連続で減っている
既存店の売上高が5期連続で減っている

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1068文字 / 全文1444文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

外食を救うのは誰か』を刊行!

 コロナ禍で大きな打撃を受けた外食産業。採算性の低さや人手不足は表層的な問題にすぎない。真の問題はコロナ禍前から変わっていなかった。
 日経ビジネス記者がキーパーソンを表から裏から徹底的に取材し、外食産業の構造と課題を解き明かす1冊を刊行しました。約400万人が従事する約25兆円の産業を救うのは誰か──。