「超大盤振る舞い」「太っ腹な還元姿勢」──。4月13日夜、大戸屋ホールディングス(HD)の同日の発表資料について、SNSやブログにこんな言葉が並んだ。株主向けの特別優遇として配布する食事券が異例なほど気前が良いものと映ったようだ。同日に明らかになった筆頭株主、コロワイドによる買収提案に抗戦するための一手と市場は受け止めている。

大戸屋HDはコロワイド側の提案を拒否する構えを示している

 大戸屋HDはこれまでも500株以上を保有する株主には6500円相当、さらに3年以上長期保有すれば7500円相当の食事券を贈呈しているが、今回はこれに加えて2万5000円相当の「弁当券(兼食事券)」を贈るという。100株以上の保有者にも2500円分を用意する。大戸屋HDは特別株主優待を実施した理由について、「新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、当社の定食をお弁当としてご賞味いただき、心と体の健康に資する」と説明している。株主優待を追加で実施するのは初めてという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り767文字 / 全文1176文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「外食ウオーズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。