全1849文字

 「回復への決意はしているが、大勢の方にご心配とご迷惑をおかけしています。この場を借りておわびします」

 ステーキ店「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは2月26日、東京都内で決算説明会を開いた。説明会の冒頭、壇上に立った一瀬邦夫社長はこう語り、出席者に向けて頭を下げた。

 同社の2019年12月期の連結決算は、27億円の赤字となり、1億2100万円の赤字に終わった18年12月期から、さらに傷口を大きく広げる結果に終わった。売上高は前の期比で6%増の675億円だった。主力業態の「いきなり!ステーキ」の店舗は18年12月期と比べて約100店舗増加したため売り上げは増えたが、既存店売上高は18年4月から前年割れが続いており、直近の20年1月も前年同月比33.5%減だった。18年12月期は38億円だった営業利益は7100万円の赤字に転落。営業利益段階での赤字は06年の上場以来初めてで、復調には程遠い状態だ。

ペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長は「去年やったことはことごとく失敗に終わった」と2019年を振り返った

 ペッパーフードサービスは19年を通して、いきなり!ステーキの業績回復を何度も試みた。3月にはランチタイムの商品を「ライス・サラダ・スープ付き」とし、4月にはランチ限定で「ランチワイルドコンボ300g」を同店としては安価な1250円(税別)で導入、5月には「いきなり!オイスター」と題し、一部店舗でカキを新メニューに加えた。しかし「去年やったことはことごとく失敗した」(一瀬社長)。どの施策も抜本的な改善にはつながらなかった。

一瀬邦夫社長の来店を懇願する文章が各店に貼り出されたことも話題になった