全2647文字

 世界全体で数十万カ所ともいわれるワイナリー。その中の最高峰を決める「ワールド・ベスト・ヴィンヤード(ブドウ園)2020」(7月発表)で、ワイン大手メルシャンが運営するシャトー・メルシャン椀子(まりこ)ワイナリー(長野県上田市)が、世界の30位にランクインした(アジア最高位)。大手メディアではほとんど報じられていないが、ワイン業界関係者にとってこれは「とんでもない快挙」(ワイン専門店オーナー)だという。

世界30位に選ばれたシャトー・メルシャン椀子(まりこ)ワイナリー

 世界中のワイナリーから選出されたトップ50には、フランスの銘醸地ボルドーの著名ワイナリー、シャトー・マルゴー(22位)、シャトー・ディケム(31位)、シャトー・ムートン・ロートシルト(33位)、米国のカリフォルニアワインの権威、ロバート・モンダヴィ・ワイナリー(5位)、オーパス・ワン・ワイナリー(20位)など、世界屈指のワイナリーが並ぶ。

 フランスは国別で最多の9つのワイナリーがトップ50にランクインし、欧州が半数を占めた。その一方で、1位はアルゼンチンのズッカルディ・ヴァレ・ド・ウコが獲得し、2位にはウルグアイのボデガ・ガルソンがなるなど、トップ10に4カ所の南米のワイナリーが食い込んだ。

世界30位が「とんでもない快挙」なワケ

 ワールド・ベスト・ヴィンヤードは、国際的に権威あるワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」や「世界のベストレストラン50」を主催する英ウィリアム・リード・ビジネス・メディア社が、2019年に始めた。特徴は、ワインそのものの品質を競うのではなく、ワインツーリズムにおける競争力を評価する点だ。

 選考方法はこうだ。世界を18の地域に分け、ワインや観光の専門家が36人ずつ選ばれる。合計500人以上の投票者(非公表)は、全世界のワイナリーを対象に「訪問することを薦めるワイナリー」を投票。製品の品質だけでなく、ワイナリーの受け入れ態勢や景観・環境、建築物、製品づくりの思想などを総合的に評価する。

 景観に優れた広大な畑や有名建築家の手による建屋を持ち、観光客の受け入れ態勢が整っている南米のワイナリーが上位に食い込んだのはこのためだ。もっとも、肝心のワインの品質が高いことは、訪問を薦める上での“大前提”となる。20年は1800以上のワイナリーがノミネートされた。

 日本は18地域の1つで、36人の投票者が参加した。投票者は自身が17年以降に訪問したことがあるワイナリーの中から7つを選ぶが、そのうち4カ所以上は自分が居住する地域以外でなければならない。つまり、世界の評価を勝ち取らなければ、トップ50にはランクインできない。