2020年8月にそごう撤退で「百貨店ゼロ県」となった徳島県だが、幸いなことに“拾う神”がいた。同じ四国で展開する三越伊勢丹ホールディングス(HD)傘下の「高松三越」だった。同社はギフトなど厳選した商品を扱うサテライト店を複数展開。その1つを出す形で22年4月、「三越徳島」をグランドオープンした。他社が失敗した場所でどのように勝ち筋を見いだしたのか、岡内哲也店長に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2270文字 / 全文2287文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題