「ユニクロ」や「ジーユー」を手掛けるファーストリテイリングが、2030年8月期末までに全素材の50%をリサイクル素材などに置き換える目標をぶち上げた。ただし、衣類の回収方法やリサイクル技術の確立など、解決しなければならない課題は多い。

ユニクロとジーユーの生産に関わる温暖化ガス排出量を30年8月期に19年同期比で20%削減する目標を掲げた
ユニクロとジーユーの生産に関わる温暖化ガス排出量を30年8月期に19年同期比で20%削減する目標を掲げた

 「決して低い目標ではない」

 ファストリでサステナビリティー(持続可能性)関連の取り組みを統括する柳井康治グループ上席執行役員は12月2日に開いたサステナビリティーに関する説明会で気を引き締めるように語った。

 この日ファストリが打ち出したのは、30年8月期末までに全使用素材の約50%をリサイクル素材など温暖化ガス排出量の非常に少ない素材にするという目標だ。この取り組みなどにより、30年8月期における商品の原材料生産や素材生産、縫製での温暖化ガス排出量を19年8月期比で20%削減することを目指す。

 冒頭の柳井グループ上席執行役員の言葉は、リサイクル素材使用の目標について問われたときのものだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1256文字 / 全文1682文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。