セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下で食品スーパーを手掛けるヨーク(東京・江東)が11月20日、「ヨークフーズ」の早稲田店(東京・新宿)をリニューアルオープンした。検証店舗と位置付け、都市部の小型店舗の在り方を探る。都市部の出店で先行するイオングループの「まいばすけっと」を追撃できるか。

リニューアルオープンした「ヨークフーズ早稲田店」
リニューアルオープンした「ヨークフーズ早稲田店」

 ヨークは、セブン&アイHD傘下で食品スーパーを手掛けてきたヨークマートが2020年6月に社名変更した企業。1都3県で「ヨークマート」「ヨークプライス」「コンフォートマーケット」など食品スーパー100店舗(20年6月時点)を運営する。都内では、店舗面積がコンビニエンスストアと同程度の小型店舗「ヨークフーズ」を約10店舗展開する。

 セブン&アイグループは都市部の小型スーパーの展開ではイオングループの後じんを拝してきた。イオングループでは、まいばすけっと(千葉市)が東京都と神奈川県で小型食品スーパー「まいばすけっと」を展開。21年8月末時点で963店舗に達している。小型スーパーはコンビニに比べて生鮮品や調味料を多くそろえるのが特徴で、コンビニ価格ではなくスーパー価格であることも消費者にとっての魅力の1つとなっている。

 セブン&アイが出遅れたのは、都市部ではコンビニ「セブンイレブン」の展開を優先してきた側面があるからだ。都内では2824店舗(21年10月末時点)を展開。競合するローソンの1692店舗(21年2月末時点)、ファミリーマートの2449店舗(21年10月末時点)より多い。これに対し、ヨークが運営する都内の食品スーパーは22店舗にとどまり、約80店舗を展開するライフコーポレーションやサミット(東京・杉並)に比べると規模は小さい。

 都市部の食品スーパーを強化する必要が生まれたのはコロナ禍がきっかけだ。生活様式が変わり、多数の人が集まるオフィス街や繁華街、大規模イベント会場などにおけるコンビニの売り上げが減っている。その代わりに、人々が過ごす時間が増えた自宅向けの食品需要が拡大した。ヨークも20年から、人口減少の影響が小さい都市部、特に東京23区内の事業拡大を目指して小型店舗のフォーマットづくりに力を入れ始めた。

 ヨークは実証店舗と位置付けた早稲田店を、どんな店舗にしたのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1213文字 / 全文2168文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。