国内コンビニエンスストア大手3社の2020年3~8月期決算が出そろった。FC(フランチャイズ)加盟店と直営店の合計売上高は3社とも前年同期を下回り、新型コロナウイルスによる生活の変化が業界を直撃したことが浮き彫りになった。在宅勤務の広がりやイベントの自粛などの傾向は当面続くうえ、9月には公正取引委員会から24時間営業の強制は独占禁止法違反の恐れがあるとも指摘され、ビジネスモデルの抜本的な変更を迫られている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1365文字 / 全文1284文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。