専用サイトでトッピングやドレッシングなどを選ぶだけでカスタマイズサラダが完成する
専用サイトでトッピングやドレッシングなどを選ぶだけでカスタマイズサラダが完成する

 メインディッシュの脇に、さりげなく添えられるサラダ。たとえ、脇役であってもいざつくるとなると何かと面倒だ。しかし、これが食卓の主役に躍り出る時代がくるかもしれない。

 「パーソナルで最適な野菜のある食生活をご提案したい」。こう語ったのは、野菜農家でも、八百屋でもない。キユーピーの上席執行役員カスタマーサクセス担当兼コーポレート副担当の山本信一郎氏である。

 キユーピーは2022年9月28日、「Qummy(キユーミー)」という新サービスを始めた。これは「オンラインで注文した工場直送の新鮮なパッケージサラダを、自宅で好きなときに受け取れる」というサービスだ。子育てに忙しいファミリー層をターゲットに、「ひと手間未満」でつくれるサラダの材料をレシピとともにカスタマイズして提供する。

 注文は簡単だ。まずはキユーミーの専用サイトで食べたいサラダの種類を選択する。その後、トッピングやドレッシングを選択する。これだけで、自分だけの「カスタマイズサラダ」が完成する仕組みだ。注文後は、指定した時間にキットが配送されるのを自宅で待つだけでよい。

 購入できるのはサラダだけではない。ドレッシングやスープ、サラダ総菜、植物性原材料を主体にスクランブルエッグを再現した「HOBOTAMA(ほぼたま)」など約65品目も注文できる。さらに、ミールキットやベビーフードなども順次展開する予定だ。「献立で悩みがちな副菜需要に応えられる」とキユーピー上席執行役員で新規市場開発担当兼カスタマーサクセス室長の藤原かおり氏は自信をのぞかせる。

Qummy(キユーミー)は、サラダ以外にもドレッシングやサラダ総菜、スープなど計65品目を扱う
Qummy(キユーミー)は、サラダ以外にもドレッシングやサラダ総菜、スープなど計65品目を扱う

D2Cでファンを増やす

 キユーピーがこのタイミングで新事業を開始する背景には何があるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1667文字 / 全文2383文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。