ファーストリテイリングの販売が回復基調にある。国内ユニクロ事業は2020年6月の売上高が前年同月比26%増え、実店舗、EC(電子商取引)ともに好調だ。ただ、新型コロナウイルスで消費を控えた層の反動増が生じた面もある。足元では新型コロナの感染者が増えており、先行きの販売動向はいまだ読みにくい。

 7月9日発表したファストリの19年9月~20年5月期の連結決算は、売上収益が1兆5449億円と前年同期比15.2%減。純利益も42.9%減り906億円だった。

 これを受け、4月に公表した20年8月期通期の業績予想を下方修正した。連結売上収益は前期比13.1%減の1兆9900億円(従来予想は2兆900億円)、純利益は47.7%減の850億円(同1000億円)と予想した。従来予想は4月の緊急事態宣言の影響を織り込んでいなかった。

2019年9月~20年5月期の決算を発表した岡﨑健CFO
2019年9月~20年5月期の決算を発表した岡﨑健CFO

 直近の20年3~5月期は新型コロナの影響が顕著に表れている。売上収益が前年同期比39.4%減の3364億円で営業損益は43億円の赤字。国内外のユニクロ、ジーユー、グローバルブランド事業のすべてで減収減益となったが、各地域でECが大幅に伸び、店舗休業の機会損失を一定程度補った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り779文字 / 全文1285文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。