新型コロナウイルスによる在宅勤務や外出自粛の広がりを受け、コンビニ業界で宅配サービスの動きが活発になっている。ローソンは昨年夏に試験導入していたウーバーイーツを利用できる店舗を大幅に拡大。ファミリーマートも都内で実験を始めた。コンビニの特性でもある立地の便利さを、宅配によりさらに活用している。

ローソンの店員が用意した商品をウーバーイーツの配達員が運ぶ
ローソンの店員が用意した商品をウーバーイーツの配達員が運ぶ

 ローソンは昨年8月に始めた東京に加え、5月から順次、大阪や千葉、愛知、宮城、福岡などでウーバーイーツを導入。新型コロナ禍による巣ごもり需要に対応し、4月時点では14だった対応店舗を6月末までに計10都府県、約500に増やした。弁当や総菜のほか、ティッシュや乾電池などローソンで売っている商品約280品目が対象だ。

 使い方は飲食店のデリバリーを頼むのと同じ要領で、ウーバーイーツのアプリから商品を選び、注文。近くに配達員がいれば15分で届くこともある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り934文字 / 全文1315文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。