全1231文字

 ニトリホールディングスは6月25日、2020年3~5月期決算を発表した。売上高は1737億円で前年同期比3.9%増えた。緊急事態宣言を受け、最大で110店舗が臨時休業したものの、巣ごもり需要や在宅勤務向けの家具の販売が伸び、EC(電子商取引)も好調だった。営業利益は同22.3%増の372億円。通期では34期連続となる増収増益を見込んでいる。

 似鳥昭雄会長は記者会見で、特需ともいえる好決算の要因について「家の中にいることが増え、改めて長く使っていた家具を買い替えたり、インテリアのコーディネートをしたりしようという家庭もあった」と説明した。テレワークで必要な机や椅子も売れている。

巣ごもり消費やテレワークの浸透で、収納用品やキッチン・ダイニング用品、机や椅子が売れている

 既存店の売り上げは緊急事態宣言が発令された直後の4月に前年同月を4%下回ったが、外出自粛やテレワークの継続で、収納用品やキッチン・ダイニング用品が徐々に上向いた。5月は同0.6%増。臨時休業した110店舗は国内店舗の5分の1にあたる。このため「90%を割るんじゃないかと思っていた」(似鳥氏)が、開いていた店が前年実績を2、3割上回った。

「22年2月期に向けて手を打つ」