百貨店大手のそごう・西武は、東京で調理した弁当や和菓子などのデパ地下グルメを新幹線で輸送し、西武秋田店で販売する取り組みを始めた。トラックで7時間近くかかった輸送時間は半減、日持ちの短い商品も提供可能になった。その狙いは先細る地方店の集客の下支えだ。

東京駅に停車中の秋田新幹線「こまち」
東京駅に停車中の秋田新幹線「こまち」

 早朝の東京駅。新幹線のホームに段ボール箱を満載した台車が待機していた。中に入っているのは、明け方に調理されたばかりの東京の人気デパ地下グルメ。「なだ万厨房」や「日本橋弁松総本店」といった名店の一品だ。

 午前6時過ぎ、秋田へ向かう1番列車の「はやぶさ・こまち1号」が入線した。最大時速は320km。東京駅を出発すると約4時間で秋田駅に到着する。ドアが開くと、2人の係員が手早く車内に段ボール箱を運んでいく。この日は、後続の「こまち5号」「こまち11号」を合わせ、計8ブランド26種類の商品が新幹線で運ばれた。商品は合計で870点にも上る。

秋田行きの「こまち5号」に段ボールを積み込む係員
秋田行きの「こまち5号」に段ボールを積み込む係員

 これらの商品は秋田駅で荷下ろしされ、駅前の西武秋田店(秋田市)に運ばれる。特設会場に並べられた東京のデパ地下グルメは、昼のピーク時間に合わせて午前11時半から販売される。現在は弁当などが中心だが、季節ごとに商品の入れ替えを検討中だ。12月には東京の人気店のクリスマスケーキを販売する予定だという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り756文字 / 全文1307文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。