ファミリーマートは、電動キックボードなどのシェアリングサービスを提供するLuup(ループ、東京・渋谷)と資本業務提携契約を結んだ。今後、店頭を利用した電動キックボードのポート(置き場)を増やしていく。ファミリーマートには、集客効果を高め、ポートの「場所代」でフランチャイズチェーン(FC)加盟店の日販を下支えする狙いがある。Luupも街中で目立つポートを増やして、利用者の利便性を上げたい考えだ。

 渋谷駅から坂道を上って徒歩10分。青山学院大学にほど近いオフィス街にあるファミリーマート渋谷二丁目中央店の軒先に、電動キックボードが2台置かれている。シェアリングサービスを手掛けるLuup(ループ、東京・渋谷)が展開するものだ。

電動キックボードが軒先に置かれたファミリーマート渋谷二丁目中央店
電動キックボードが軒先に置かれたファミリーマート渋谷二丁目中央店

 電動キックボードは、全長1.3メートルほど。スケートボードに自転車のハンドルが付いたような形をしており、モーターで駆動する。徒歩10分の距離も5分ほどで移動できて疲れない。行った先でちょい乗りできるシェアリング版は、利便性や物珍しさも手伝って若年層を中心に人気が高まっている。

 ブームに目を付けたファミリーマートは2020年秋から試行的に都内6店舗にポート(置き場)を設けた。トラブルが見られなかったことから、22年4月にLuupと資本業務提携契約を結び、本格展開に踏み切った。

デッドスペースを収入源に

 ポートは、電動キックボードを貸し出したり返却したりする、いわばサービス拠点だ。その用地としてファミリーマートは、業界用語で「犬走り」と呼ばれる軒先のデッドスペースが使えるのではと考えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1892文字 / 全文2568文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。