家電量販店の明暗が分かれている。都心型の業績が大きく落ち込む一方、郊外店舗は底堅く、一部では前年同月比プラスとなる例もあった。新型コロナウイルスが消費者の行動に与えた影響は大きく、収束後も郊外型が主役になる可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1940文字 / 全文1954文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。