家電量販店の明暗が分かれている。都心型の業績が大きく落ち込む一方、郊外店舗は底堅く、一部では前年同月比プラスとなる例もあった。新型コロナウイルスが消費者の行動に与えた影響は大きく、収束後も郊外型が主役になる可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1940文字 / 全文1954文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題