スーパー業界は人手不足の解消や生産性向上の課題を抱えている。経営規模を問わず、DX(デジタルトランスフォーメーション)が一つの鍵だ。最も先端的な改革を進めているのが、福岡市に本社を置くトライアルホールディングスだ。

 炭鉱の町として知られた福岡県田川市に今、DXの導入に悩む小売事業者の注目が集まっている。ここにある「スーパーセンタートライアル田川店」が、小売り改革で全国でも先端を行くIT(情報技術)を導入しているからだ。

 同店は2019年11月にリニューアルし、「スマートストア」に変貌した。タブレット端末とスキャナーを搭載した「レジカート」をはじめ、リテールAI(人工知能)カメラやデジタルサイネージ(電子看板)などを設置している。

トライアルが導入を進める「レジカート」。付属のバーコードリーダーで商品を読み取り、タブレット端末に価格を表示する。関連する商品やクーポンを表示して購買意欲を刺激する(写真=飯山 翔三)
トライアルが導入を進める「レジカート」。付属のバーコードリーダーで商品を読み取り、タブレット端末に価格を表示する。関連する商品やクーポンを表示して購買意欲を刺激する(写真=飯山 翔三)

 レジカートを使うには、まずプリペイドの会員カードに入金する。商品をカート付属のバーコードリーダーで読み取ると、タブレット端末に価格が表示される。この際、画面にはおすすめ商品やクーポンなどの情報も表示。その日のお買い得商品を薦めて購買意欲を刺激する。インターネットショッピングでおなじみのレコメンド機能を、リアル店舗の買い物で実現する仕組みだ。会員カードに蓄積された購買履歴などを基に推薦の精度を高める。

レジ関連の人件費2割削減

 買い物後は専用ゲートを通過すれば決済が自動で完了。商品の登録漏れを防ぐために店員が点数を確認するが、通過に2~3分かかる一般的なレジ会計に比べ、十数秒で精算が終わる。同店舗でのレジカート利用率は4割で、レジ関連の人件費を2割削減できたという。

レジカートは全国で約6000台が稼働中だ。トライアルは競合となる地方スーパーにもレジカートを提供している(写真=飯山 翔三)
レジカートは全国で約6000台が稼働中だ。トライアルは競合となる地方スーパーにもレジカートを提供している(写真=飯山 翔三)

 レジカートを開発したのは、福岡市を拠点にスーパーを270店営むトライアルホールディングスだ。グループの技術開発会社、Retail AI(東京・港)が実務を担っている。トライアルはすでに、自社の55店舗にレジカートを導入。今後、田川店のように、リテールAIカメラなども含むスマートストアへと進化させていく。

 Retail AIの永田洋幸CEO(最高経営責任者)はトライアル創業者である永田久男会長の息子。米国の大学を経て、09年に中国で小売り向けコンサルティング会社を起業し、11年には米シリコンバレーでビッグデータ分析会社を興した経験を持つ。15年からトライアルグループに入り、18年にRetail AIを立ち上げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2877文字 / 全文3861文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。