スーパーの競争軸の一つに当然、青果など生鮮品の品ぞろえがある。地域の特色を出し、さらに全国から商品を仕入れて魅力を高めたい地方の企業は多い。そのとき付いて回るのがフードロス問題。宮城県のスーパーが事業をうまく進めるアイデアを形にし始めている。

宮城県のウジエスーパーが店内に開いたカフェ。その狙いとは。
宮城県のウジエスーパーが店内に開いたカフェ。その狙いとは。

 宮城県登米市に本社を置き、同県で32店舗を営むウジエスーパー。ある店舗の中に開いたカフェで、21年9月から一風変わったスムージーを売っている。フードロス対策として売り出したところ、エシカル消費の流れもあって集客にプラスの効果を生んだ。

 その店舗は吉岡店(同県大和町)。スムージーを始めたきっかけは大手スーパーとの差別化を図るためだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1848文字 / 全文2146文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。