地方のスーパーが生き残るためには何が大切なのか。秋田のスーパーモールラッキーは、かつて大手に価格競争で負けた経験から、来店を習慣にしてもらうような仕掛けづくりに腐心した。価格ではない付加価値型経営を目指すスーパーには一つのヒントになりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1923文字 / 全文1939文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題