スーパーマーケット業界に、戦いの始まりを告げるほら貝の音がこだましている。買収を繰り返し、天下統一に向かうイオン。地の利、草の根で対抗する地方の有力スーパー。列島を見渡せば、群雄割拠する企業が火花を散らす。今は巣ごもり消費が追い風だが、人口減少でいずれ市場は大収縮する。業態の垣根を越えた競争の激化は必至、デジタル技術による革新も待ったなしだ。いかに知略を巡らし、生き残るのか。

 特集では戦国時代にある大手、中小スーパーの現状と展望を取材した。第1回は、関西スーパーを巡る買収合戦を振り返るとともに、スーパー業界誕生70年にして大転換期にある現状を取り上げる。

■配信予定の記事 ※一部変更の可能性があります
・イオンも生き残りに必死、対抗軸はどこか
・クルマも販売 鹿児島の巨大スーパーA-Z
・スーパーのラ・ムー 計算ずくの激安戦略
・「地域のハブ」に活路 スーパーのラッキー
・コンビニキラーのまいばすけっと 都心攻略
・廃棄ロスで一石三鳥 宮城のウジエスーパー
・リテールDXで探るスーパーの生存戦略
・ライフが考える「スーパーマーケット4.0」とは

 東軍か、西軍か──。1600年、関ヶ原の戦いに勝った徳川家康は天下統一を成し遂げ、幕藩体制の構築へ突き進んでいった。武将たちが生き残りをかけて覇を競った戦国時代。今、まさに同じ構図を迎えているのがスーパーマーケット業界だ。

イオンも覇者ではない

 M&A(合併・買収)を繰り返し、天下統一へまい進するイオン。それに対し、各地の有力スーパーが根城を築き、出店拡大や安値競争、合従連衡も交えて応戦する。

 これまでもスーパーの再編はあったが、もはやステージが違う。従来は都道府県内など小さな地域内の争いだったが、その段階は終わり、関東や関西、中四国といったブロック首位を目指したつばぜり合いが繰り広げられている。

 イオンでさえ覇者となりきれていない激戦区がある。関西だ。2021年、スーパーの業界史に残る争奪戦が耳目を集めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2292文字 / 全文3139文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。