西友が本格的に「楽天経済圏」に加わる。楽天ポイントを導入し、新たなアプリも投入。楽天グループの会員基盤を生かし、デジタルマーケティングやネットスーパーを強化する方針だ。狙うは「食品スーパー首位」の座。どんな構想を描いているのか。

楽天ポイントを軸にした成長戦略を発表する、楽天グループの三木谷浩史会長兼社長(左)と西友の大久保恒夫社長
楽天ポイントを軸にした成長戦略を発表する、楽天グループの三木谷浩史会長兼社長(左)と西友の大久保恒夫社長

 2022年4月、西友が運営するスーパーマーケットの店頭の景色が変わる。楽天ポイントの大攻勢が始まるのだ。

 「西友」「リヴィン」「サニー」の全店舗で4月1日から「西友デザイン」の楽天カードの発行が始まり、4月5日には電子マネーの「楽天Edy」、4月26日には「楽天ポイントカード」がそれぞれ使えるようになる。

 「楽天ポイントカードを提示したら通常の5倍ポイントが貯まる」「楽天カードや楽天Edyで支払えば、楽天ポイントの還元率がアップする」。西友はこうしたキャンペーンを4月以降、店頭で次々と展開していく予定だ。

 西友は運営する全店舗にスマホ決済サービスの「楽天ペイ」、来店でポイントがもらえる「楽天チェック」、レシート画像の送付でポイントがもらえる「Rakuten Pasha」を導入済み。ここに楽天カード、楽天Edy、楽天ポイントカードを加え、楽天の決済・ポイントサービスをフルラインアップでそろえる。

 4月26日には「楽天西友アプリ」を新たにリリースする。既存の「楽天西友ネットスーパー」アプリを実店舗でも使えるようにし、さらに楽天ペイや楽天ポイントカードの機能も盛り込む構想だ。西友は「楽天ポイントが使えて貯まる日本最大級のスーパーマーケット」に変貌する。

2022年4月には西友デザインの楽天カードなどを発行する
2022年4月には西友デザインの楽天カードなどを発行する

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2935文字 / 全文3609文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。