感染拡大が続く新型コロナウイルス。テレワークや時差通勤の広がりに加え、全国の小中高などが臨時休校となったことで、多くの人の生活ががらりと変わり、消費行動にも変化が出ている。マスクや消毒剤以外でも特需が起きている。

「見守り」用カメラが7割増、総復習ドリルは数倍

臨時休校で知育系のカードゲームなどが売れている(ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba)

 「2月29日と3月1日の2日間の売り上げが、その前の1週間の1.7倍だった」。ビックカメラでは、2月27日に安倍晋三首相が小中高の休校を要請して以降、ネットワークカメラが急激に売れた。インターネットにつないで室内に設置すれば、外出先から家の中の様子が分かる機器で「留守番する子供の見守り向けではないか」(ビックカメラ)。

 休校により、時間を持て余すことになりそうな子ども向けの製品も売れている。ヨドバシカメラでは、百人一首やかるた、パズルなどのカードゲームの売り上げが、3月1日までの1週間で前年同期の1.3倍になった。「知育的な要素があるゲームを親が買っている」(ヨドバシカメラ)。人生ゲームや海外のボードゲームなどの売り上げも1.5倍だという。

 学習関連の書籍も好調だ。丸善ジュンク堂書店では「『学習参考書』と呼ばれるジャンルがよく売れている。中でも小学校低学年向けの参考書、とくに総復習ドリル系の商品が前週比で数倍の売れ行き」という。児童書ジャンルでは『ざんねんないきもの事典』シリーズのような楽しみながら知識を得られるものを手に取る人が多い。子ども向け以外でも、国内で新型コロナウイルスの感染者が出て以降、「カミュの『ペスト』や石弘之の『感染症の世界史』が売れている」(丸善ジュンク堂書店)。

続きを読む 2/2 オンライン英会話の申し込みが増加

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。