「そごう・西武の売却を完了し、イトーヨーカ堂の売却もしくは分離による食品を中心とした小売事業への迅速な事業再編を発表すること」

 「物言う株主」として知られる米投資会社バリューアクト・キャピタルが2月8日(日本時間9日)、セブン&アイ・ホールディングス(HD)に事業構造の改革を求める公開書簡を再び送った。セブン&アイHDの株式を4.4%保有するバリューアクトは、1月26日にも社外取締役のみで構成する「戦略検討委員会」を組成することなどを要求する書簡を送り、公開していた。

バリューアクトはイトーヨーカ堂の売却もしくは分離も要求した(写真:都築 雅人)
バリューアクトはイトーヨーカ堂の売却もしくは分離も要求した(写真:都築 雅人)

 「セブン&アイHDを変革してグローバル・チャンピオンのセブン-イレブンへ」。こう題したバリューアクトのプレゼンテーション資料は75ページにも及ぶ。バリューアクトが提案する改革を実行すれば「長期・安定的に企業価値を高め、株価を2倍以上にできる」と主張する。その実現のために、営業利益の大半を占めるコンビニ事業に集中する事業戦略の発表や、苦戦する非中核事業の徹底した改革をセブン&アイHDに要求した。

 改革の具体策として示したのが、そごう・西武の売却完了と、総合スーパー・イトーヨーカ堂の売却もしくは分離を発表することだった。資料の中ではイトーヨーカ堂について「非食品分野で大きな損失が生まれている」と指摘した。

 さらに企業価値を最大化するためにその他の非中核事業も切り離し、コンビニ事業での世界的な成長を目指すロードマップを打ち出す必要性を示した。計画の実効性を担保するため、バリューアクトは経営体制の改革も要求。社外取締役の数を過半にするよう主張している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1529文字 / 全文2209文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。