米国で好調な宅配サービス「7NOW(セブンナウ)」のブランドを日本や世界に展開していくと決めたセブン&アイ・ホールディングス(前回の記事)。ネット通販全盛の時代、セブンは店舗を持つ強みとネットをどう融合していくのか。お膝元の日本で進む取り組みを追った。

スマホから注文すると店員が商品をピックアップし、30分ほどで届ける「ネットコンビニ」サービスの検証が進む(写真:吉田 サトル)
スマホから注文すると店員が商品をピックアップし、30分ほどで届ける「ネットコンビニ」サービスの検証が進む(写真:吉田 サトル)

 1月中旬、札幌市でも珍しい大雪が降りしきっていた日。住宅街にある「セブン-イレブン札幌澄川中央店」のレジ裏に置かれたスマートフォンからけたたましい音が鳴った。スマホを手に取って売り場に出た店員は、画面と陳列棚を見比べながら商品を選択。スマホのカメラ機能でバーコードを読み取ってから商品をカゴに入れていった。

 音が鳴ってから十数分たつと、店前の駐車場には白い軽自動車のバンが到着した。悪天候をものともせずにやってきたドライバーは、店員が袋に入れた商品を受け取り、再びクルマに乗って走り出す。行き先はセブン-イレブンに商品を注文した個人宅だ。数分後、店員のスマホ画面で確認できる配達状況が「完了」の表示に変わった。

注文が入ってからしばらくするとドライバーが店舗に到着。荷物を受け取り、注文者の元に向かっていった(写真:吉田 サトル)
注文が入ってからしばらくするとドライバーが店舗に到着。荷物を受け取り、注文者の元に向かっていった(写真:吉田 サトル)

 これはセブン-イレブン・ジャパンが「最短30分でお届け」を合言葉に北海道や広島県、東京都で試験的に提供する「ネットコンビニ」サービスの一コマだ。ネットから店舗の在庫を確認して注文できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3310文字 / 全文3864文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。