2022年1月14日に開業した「MUJIcom 東池袋」は、店内で調理した総菜を量り売りで提供する
2022年1月14日に開業した「MUJIcom 東池袋」は、店内で調理した総菜を量り売りで提供する

 デパ地下のようであり、コンビニやスーパーマーケットのようでもある。

 「無印良品」を展開する良品計画が2022年1月14日、新たな小型店をオープンした。店名は「MUJIcom(ムジコム)東池袋」。場所は本社ビルの1階だ。まさにお膝元に構えた新店舗は、さまざまな食の提案を詰め込んだ実験店だった。

 「只今(ただいま)焼きたてです!! 本日のやきいもは紅はるか 税込み250円」

店内では、焼きたてのサツマイモを販売している
店内では、焼きたてのサツマイモを販売している

 店内に入ってすぐの場所で売られていたのは焼きいもだった。その近くには青果が並び、青森県の契約農園から届いた「不揃い(ふぞろい)りんご」を1個100円(税込み、以下同)で販売している。ポップにはこうあった。「形や色は不揃いでも味は変わりません!」

 「本日ののり弁」「本日の混ぜご飯弁当」は500円のワンコイン価格だ。弁当は全部で8種類あり、そのうち2種類を日替わりで販売する。弁当5個2300円の「デジタル回数券」を買えば、1食当たり460円になる。

弁当は税込み500円で、毎日2種類から選べる
弁当は税込み500円で、毎日2種類から選べる

 店内の中ほどに進むと、ショーケースがあり、総菜の量り売りをしていた。

 「ごろごろ野菜のラタトゥイユ」(100グラム360円)、「ふろふき大根ゆず風味の鶏そぼろ」(100グラム360円)、「ざくざく和牛コロッケ」(1個120円)……。

 実は、弁当も総菜も店内で調理している。いわゆる「中食」の領域に初めて斬り込んだのが、この新店舗の特徴だ。イートインスペースもあり、店内で食事もできる。

 総菜コーナーの隣には「50種のごちそうレトルトバー」が併設されていた。その名の通り、カレーや八宝菜、ユッケジャン、麻婆豆腐など、無印良品ブランドのレトルト食品を50種類そろえており、店舗スタッフがその場で温め、ご飯とともに器に盛りつけてくれる。

「50種のごちそうレトルトバー」では、レトルト食品をその場で温めてくれる
「50種のごちそうレトルトバー」では、レトルト食品をその場で温めてくれる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2128文字 / 全文2880文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。