コストパフォーマンスならぬ「タイムパフォーマンス(タイパ=時間対効果)」を重視する価値観が台頭している。そうした消費者の変化にいち早く気付いた企業は「時間」を軸にした差異化に取り組み始めている。なぜタイパ重視なのか。そして、その変化をどう活用すればいいのか。タイパ時代に取るべき戦略を探る本シリーズ。初回に取り上げるのは、食事にかかる様々な時間の削減に着目した新興企業だ。

 「コロナ禍で在宅ワークが定着し、単身世帯の若者を中心に『食事をできるだけ早く済ませたい』というニーズがますます高まった」

 こう話すのは、冷凍総菜の宅配サービスを手掛ける新興企業、ナッシュ(大阪市)でマーケティング本部長を務める山本敏幸取締役だ。ナッシュのサービスで届けるのは、1食分の主菜と副菜が入った冷凍パック。利用者は60種類以上のメニューから好きなものを選んで注文して自宅で受け取り、好きなときに電子レンジで温めて食べられる。2020年1月に約18万食だった同社の月間販売食数は、21年11月には約150万食まで拡大した。約2年間で10倍近い伸びだ。

1食分の主菜と副菜を1個のパッケージに収めた冷凍総菜を配送するナッシュの利用者が急増している
1食分の主菜と副菜を1個のパッケージに収めた冷凍総菜を配送するナッシュの利用者が急増している

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1406文字 / 全文1881文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小売りの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。