全3520文字

 新学習指導要領の小学校での本格実施など、2020年も教育分野の改革が目白押しだ。19年は、萩生田光一文部科学相の英語の民間試験を巡る「身の丈に合わせて頑張って」発言に端を発し、英語の民間試験導入が白紙に戻るなど大学入試の扱いで揺れた。

 日本の教育政策が迷走する中、OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界79カ国・地域の15歳約60万人を対象に実施したPISA(学習到達度調査)の最新の結果を公表。日本は「読解力」が15位で、前回15年調査の8位から後退し、「数学的応用力」も6位と前回の5位から後退した。世界トップレベルを維持しているとはいえ、学力低下がデータとしてあらわになっている。

 PISAの成人版、PIAAC(ピアック)の最新の11~12年に実施した調査が示す結果も同様だ。順位だけを見れば世界1位に位置するが、読解力で27.7%、数的思考力も36.3%がそれぞれ「習熟度レベル2以下」。グラフから数値を読み取ったり、立体図を見て分解した平面図を想像できなかったりする恐れがある。

「%」って何でしたっけ?

 日本人の数的思考力に関しては、20年にさらに危機的状況に陥る可能性がある。そう訴えるのは桜美林大学教授の芳沢光雄氏(数学・数学教育)だ。19年4月に『%が分からない大学生』(光文社新書)を出版。大学や中高の多くの教員と接する芳沢氏が、実際に学生らから「%って何でしたっけ?」と問いかけられる事例を聞く機会が増えたことに、危機感を示したものだ。

 まずは、次の問題を見てほしい。

A:水97gに、食塩3.0gを溶かしました。
B:水100gに、食塩3.0gを溶かしました。

食塩水の質量パーセント濃度が低いものを、A、Bの中から1つ選びなさい。

 この問題は中学3年生を対象にした18年度の理科の「全国学力テスト」で出題された。正解はB。正答率は76.9%だった。

 「4人に3人が正解しているのだからまあまあ」などと解釈してはいけない。この問題は「濃度」の概念さえ理解していれば、たとえ公式「質量パーセント濃度(%)=溶質の質量(g)÷[溶質の質量(g)+溶媒の質量(g)]×100」を覚えていなくても、直感的に解答できる問いだからだ。

 芳沢氏は「%の導き方だけでなく、%の概念自体を根本的に理解していない生徒や学生が年々増えている」と話す。例えば今の大学生に「2億円は50億円の何%か(正解は4%)」を尋ねると、状況次第では2割が答えられないという。50(億円)を2(億円)で割っただけ、「25%」という答えも多い。