年末年始の休みは、体や精神のリセットができる貴重な時間。仕事のしがらみや悩みを忘れて頭をぼーっとできるときこそ、読書に最適だ。日経ビジネスPLUSで「解決の鍵は哲学者に聞け!!ー小川仁志」を連載している小川仁志氏に、読むべき本を聞いた。

哲学って難しくない!

『図解 小川仁志のやさしい哲学教室』 著者:小川仁志(三笠書房)

[画像のクリックで拡大表示]

 中庸、弁証法、実存主義、リベラリズム、そして、今話題の倫理資本主義。

 哲学は、この「50人の考え方」がわかればいい!

 お茶の間で人気の哲学者・小川仁志先生が、西洋哲学で超重要な50人の考え方(思考概念)をわかりやすく図解で紹介。

【中庸】 「最善の選択をする」にはどうする? アリストテレス
【コナトゥス】 「生きづらさ」を解消するには? スピノザ
【弁証法】 この世に「解決できない問題」はない ヘーゲル
【超人】 「強く生きる」には、どうするか? ニーチェ
【実存主義】 「運命」は変えられるか? サルトル
【倫理資本主義】 これからの時代、「利益」より大切なことは? ガブリエル

 などなど、難解な哲学の世界がキーワードと図解で簡単に掴める1冊です。

次ページ 本書を推薦した理由