全2895文字

5Gスマホが登場

日本の5G商用サービスは2020年春スタート
●NTTドコモの5G基地局展開計画
NTTドコモは2019年9月に5Gの試験サービスを開始。日本中が熱狂したラグビーW杯でサービスを体験できるイベントを開催した(写真=共同通信)

 20年のもう一つの大きな動きは、次世代高速通信規格「5G」が日本で本格スタートすることだ。携帯大手は既に消費者の5Gへの認知度を高めるための試験サービスを手掛けているが、春以降に順次、一般向けに始める予定だ。

 5Gの利用者が日常的に体感できるデータ通信速度(実効速度)は現行の4Gの100倍に達するといわれる。基地局と端末でデータを送る際の遅延時間が大幅に短くなるのも特徴で、4Gの10分の1に当たる「1ミリ秒」を目指して技術開発が進んでいる。一定のエリアで基地局に同時に接続できる機器の数も、将来は4Gの100倍に達する。

 携帯大手は5Gの利用料金をまだ明らかにしていないが、国内ではKDDIが「5G時代を見据えた」とうたい、スマホからの通信が使い放題になる定額プランを提供中だ。5Gでも大手各社による定額制の導入が見込まれ、現行の4G方式のサービスと大差ない水準に落ち着く見通しだ。

日経ビジネスから「徹底予測2020」を刊行しました!

 不透明感が強まる世界経済と日本の先行き、東京五輪、米大統領選、米中対立、日韓関係、主要30業種の展望……。
 2020年、そしてその先の未来はどうなるのか。
 ビジネスパーソンの様々な疑問に答えるムックを発売しました。



 リーマン・ショックを超える経済危機の到来を予測する投資家のジム・ロジャーズ氏が語る世界情勢の見方と危機への備え方。GAFA(グーグル・アマゾン・アップル・フェイスブック)研究の第一人者であるスコット・ギャロウェイ氏の考えるテック4巨人の解体シナリオなど、世界の5賢人のロングインタビューを掲載しています。

 もちろん今年も自動車、機械、IT、電子部品、鉄・非鉄、化学、ネット、エネルギー、医薬、食品、小売り、航空、旅行、ホテル、建設、銀行、商社、不動産など30業種の展望を各専門記者が予測します。

 さらに「2020年10大トピックス&スケジュール」、「AI」「自動運転」「再生医療」「全固体電池」「ロボット」「量子コンピューター」などの先端テクノロジーの最新動向、「これからの生き方」や「不動産の価格動向」の特集記事、ソフトバンクの孫正義氏やファーストリテイリングの柳井正氏のロングインタビューも掲載しています。