書籍編集者にとって最大の楽しみであり、最大の苦しみは書籍の表紙を選ぶときだ。書籍の表紙はいわば顔。売れ行きにもかかわってくる重要な要素であり、書店の売り場に並んでいる風景をイメージしながらデザインを決めていく。

 書店の売り場に何度も足を運ぶ。「最近は白地に黒字でタイトルを置くパターンが多いな」「写真を全面に使ったものが増えてきたな」といったその時々のトレンドを頭に入れる。こうしたトレンドを押さえつつ、売り場で埋没してしまわないかも考慮しなければならない。一度決めてしまえば、もう変えられない。プレッシャーの中で慎重に慎重を重ねて決めていかなければならない。

 先日、2021年1月12日に発売する『スケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDX』の校了を迎えた。この表紙を決める過程は過去最大といっていいほど頭を抱えてしまった。同書は東芝執行役上席常務・最高デジタル責任者を務める島田太郎氏と、京都大学大学院でAI(人工知能)を研究し、現在はフューチャリストとして活動する尾原和啓氏による共著となる。

 今回、デザインを担当いただいたのはトリプルライン(東京・渋谷)の代表を務める中川英祐氏だ。中川氏には2019年9月に発売した『ディープテック  世界の未来を切り拓く「眠れる技術」』も担当していただいている。こちらの意図を最大限くみ取ってデザインをしてくれる力強いパートナーだ。

 最初に中川氏から送られてきたデザイン案は以下の10案だった。

タイトルを英語にするか、カタカナにするか、横書きにするか、縦書きにするか。配色だけでなく様々なパターンを出してもらう

 ここから絞り込んでいき、最終的に以下の2案になった。

この段階では紙も指定し、印刷会社に実際と同様、印刷してもらう。手に取った感触なども確かめる

 編集部にいるベテラン編集者や記者をつかまえては意見を聞くのだが、みな意見が少しずつ異なる。『スケールフリーネットワーク』は製造業に強い日本がGAFAと呼ばれる米大手IT企業とどのように対峙していくかをテーマにしている。そのため、落ち着いたデザインである左側がいいという意見が出る一方で、翻訳本の印象を受けるという声も出てくる。

 一方、著者の一人であるフューチャリストの尾原和啓氏は今でもベストセラーとして売れ続けている『アフターデジタル』の共同著者でもある。そして、今回のスケールフリーネットワークの内容は、一貫して日本企業が進むべき道を照らすという意味で『アフターデジタル』『ディープテック』の系譜に連なる。重厚感はなくても、「アフターデジタルと同様、グラデーションを用いたデザインの方が書店も売りやすいのではないか」との意見が出る。

 デジタルの世界と違って悩ましいのは、パッケージデザインは一度決めてしまうとしばらくの間、変えられない点だ。デジタルの広告で頻繁に用いられるスプリット・ラン・テスト(複数のクリエイティブを同時に出稿して反応率や注目率を確かめる手法)も簡単に実施できない。

続きを読む 2/4

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。