世界的なヒットになった小型ビジネスジェット機の「HondaJet(ホンダジェット)」。2015年の運用開始から今では約160機が世界で運用されており、小型ジェット機分野における販売シェアは2017年から3年連続で世界トップに君臨する。

 そんなホンダジェットの設計・開発責任者がホンダ エアクラフト カンパニー社長兼CEO(最高経営責任者)の藤野道格氏だ。ホンダに入社してから30年間航空機の開発に携わり、ユニークな小型ビジネスジェット機をゼロから設計し、商用化まで実現させた。

 そんな藤野氏が『逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知』(日経BP)の著者の1人である一橋ビジネススクール教授の楠木建氏とオンラインで対談した。

 技術革新への対応など過去の経営判断を振り返り、今の経営に生かす「逆・タイムマシン経営論」を読んで、「さまざまな共感と気づきが得られた」と語る藤野氏。航空史に名を残すエンジニアであり、航空機メーカーの経営者でもある藤野氏は同書を読んで何を感じたのか。対談記事の第3回では、ホンダジェットが藤野氏のどのような思考に基づいて生まれたのかについて話を聞いた。

(司会はクロスメディア編集部長、山崎良兵)

楠木 建(くすのき・けん)
一橋ビジネススクール教授。1964年生まれ。89年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年から現職。専攻は競争戦略。(写真:的野弘路)
藤野 道格(ふじの・みちまさ)
ホンダ エアクラフト カンパニー社長兼CEO(最高経営責任者)。1960年生まれ。84年に東京大学工学部航空学科卒業後、ホンダ入社。航空機の開発に関わり、「HondaJet」の設計・開発責任者。2006年から現職。「Aircraft Design Award」(米国航空宇宙学会)、「ケリー・ジョンソン賞」(SAEインターナショナル)、「ジューコフスキー賞」(国際航空科学会議)を受賞。

1960~70年代にかけてブームになったものの普及しなかった超音速機。さらに「コストが安くなって誰でも飛行機に乗れる」といったキャッチーなワードが注目を浴びて2000年前後に新規参入が相次いだベリーライトジェット(超小型機)も、ホンダジェットを除いて、多くが失敗したことについて前回の記事で取り上げました。今回は、ホンダジェットがどのような洞察や思考に基づいて開発されたのかについて、楠木さんが藤野さんに掘り下げて聞いていきます。

楠木建(以下、楠木):ベリーライトジェットに藤野さんが目を付けたのはどうしてですか? なぜホンダジェットを実現できたのでしょうか。

藤野道格(以下、藤野):アメリカに住んでみて、何がこの国の強さなのかを考えました。その時感じたのは、広い国⼟の各地にインフラをあっという間に作ってしまうすごさです。アメリカの広い国土を、電⾞やクルマだけでカバーすることはできません。しかし、広い国土のいろんな地域に企業の本社や工場などがあって、それらの拠点をビジネスジェットでつないでいる。それによってビジネスが成り⽴っています。もしかしたら、ビジネスジェットはアメリカのビジネスの強さやスピードの象徴かもしれないと思いました。

 自分でアメリカに⾏って仕事をして、日本に住んでいた時とは時間の価値、時間の概念が大きく変わりました。そしてその「時間」こそが将来ビジネスの1つになるだろう、そう思いました。

 当時、ビジネスジェットを使っていたのは非常に裕福な一部の⼈たちで、とても贅沢な仕様で、燃費などは考慮されていませんでした。しかし、自動車業界においては、すでに環境性能が課題になってました。「今は燃料代などのコストは度外視かもしれないが、10年、20年、30年という⻑いスパンで⾒たらビジネスジェットにも必ずクルマのように環境性能が問われるようになる。だから⾶⾏機のサイズを限界まで⼩型化して燃費を上げる。しかし同時にキャビン(室内)の十分な快適性を確保し、性能も妥協しない、時間の概念を変えるようなジェットを作れば主流になる時がきっとくる」と考え、それをホンダジェットの最初の中核的なコンセプトとしました。

楠木:だとすると、ベリーライトジェットというコンセプトは、技術的な可能性より、人間や社会についての洞察から生まれたということになりますね。

藤野:よく言われますが、小型乗用車の「シビック」がアメリカの自動車業界を変えた、と。実際に、アメリカの首都ワシントンDCのスミソニアン博物館には、ホンダが1970年代に発売した初代の赤いシビックが飾ってあり、その前には「ニューワールド・フォー・アメリカズ・オートカルチャー」(米自動車文化に新世界)と刻まれています。自動車の歴史におけるニューカルチャーであり、「文化を変えた存在」として展示されています。私は同じようなことをホンダが作る飛行機でもやってみたいと思いました。

スミソニアン博物館で、ホンダの初代シビックは「アメリカの自動車文化を変えた存在」として展示されている

楠木:自動車と航空機は異なる業界ですが、それまでに蓄積してきた経験や洞察を抽象化すると、航空機業界の文脈では考えていなかったようなイノベーションが生まれた、ということだと思います。

藤野:その通りだと思います。

続きを読む 2/4 ビジネスジェットの常識を変えたホンダジェット

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。