(前回はこちら→「英国で接種開始。『9割に効くワクチン』の真実と、今我々がやるべきこと」)

山中(以下、編集Y):峰先生にはロングインタビューでの連載当初から、「いま、ある程度分かっていることをたんたんと、分からないことは『分からない』」というスタンスでお話をいただいているんですが、本(『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』)も出ましたし、今回はあえて、予測をお願いしたいと思います。

峰 宗太郎先生(以下、峰):予測ですか。本の中では追加コンテンツとして、名古屋市立大学教授の鈴木貞夫先生に、「外れない予想」のやり方を伺いましたね。

編集Y:はい。「推測を基に予想をしない」でした。

……大事なのは、データと推測を分けて考えることですね。「分からないけれど、こういうことじゃないか?」という仮定を挟めば挟むほど、確かさは減少しますから。私は基本的には怖がりなので、そういうことをあんまりやらないんです。

(『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』 第8章 根拠の薄い話に惑わされない思考法 241ページ 鈴木貞夫先生の発言より)

:そうです。では、推測を可能な限り控えて、現状のデータから予測できることを挙げてみましょう。非常に短期的なところのみになってしまうとは思いますが……。

編集Y:お願いします。

追跡調査の能力が足りなくなると

:近々の話、短期予測として考えると、まずPCR検査の陽性率は上がる可能性があるでしょうね。これは流行が拡大しているからです。

編集Y:流行が拡大するから、検査で陽性と出る人が増える。はい。

:そこで怖いのは、まず、コンタクトトレーシング(濃厚接触者調査・クラスター対策)のキャパシティー(感染者、濃厚接触者の追跡調査の能力)が足りなくなってしまうことです。これは現実に起こり始めていて、ひどくなればコンタクトトレーシングの対象を絞らなくてはいけなくなる。

編集Y:あっ、コロナ対策分科会の尾身茂会長が12月6日のテレビ番組で「保健所が疲弊して、クラスターの感染源を見つけるという方法が取れなくなっている」と発言していましたね。そうするとどうなるのですか?

:そうすると、誰が濃厚接触者なのかが分からなくなる。これは真のピンチです。「PCR抑制派」などと、不本意なラベルを張られている私からしても、です。なぜか、お分かりですか?

続きを読む 2/5 クラスターが追えなくなれば破綻は意外に近い

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。