株で悠々と儲(もう)けるベストの投資法は何か――。人気投資ブログ「エナフンさんの梨の木」筆者による書き下ろしの新著『割安成長株で勝つ エナフン流バイ&ホールド』(日経BP)の⼀部を抜粋・再構成して、個人投資家のための長期投資の鉄則を紹介します。

<span class="fontBold">奥山月仁</span>(おくやま・つきと、ハンドルネーム)<br>会社員投資家。高校2年から株式投資を始め、投資歴は約30年。大阪大学経済学部に入学し、故・蝋山昌一教授のゼミで証券理論を学ぶ。卒業後、大手企業の社員として堅実なサラリーマン生活を営むかたわら、ピーター・リンチに倣い、成長株に中長期で投資し、数億円の資産を築く。2008年5月からは、株式投資の正しい知識を広める目的で、ブログ「エナフンさんの梨の木」の執筆を続ける。同ブログを立ち上げるとともに、自らの投資内容をブログで公開するための口座を資金100万円で新たに開設し、バイ&ホールドでの運用を開始。13年後の2021年9月6日現在、その口座の運用金額は2842万円を突破した。著書に『“普通の人”だから勝てる エナフン流株式投資術』『“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法』(日経BP)などがある。</a>
奥山月仁(おくやま・つきと、ハンドルネーム)
会社員投資家。高校2年から株式投資を始め、投資歴は約30年。大阪大学経済学部に入学し、故・蝋山昌一教授のゼミで証券理論を学ぶ。卒業後、大手企業の社員として堅実なサラリーマン生活を営むかたわら、ピーター・リンチに倣い、成長株に中長期で投資し、数億円の資産を築く。2008年5月からは、株式投資の正しい知識を広める目的で、ブログ「エナフンさんの梨の木」の執筆を続ける。同ブログを立ち上げるとともに、自らの投資内容をブログで公開するための口座を資金100万円で新たに開設し、バイ&ホールドでの運用を開始。13年後の2021年9月6日現在、その口座の運用金額は2842万円を突破した。著書に『“普通の人”だから勝てる エナフン流株式投資術』『“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法』(日経BP)などがある。

なぜトイレットペーパーが消えたのか?

 G・W・オルポートとL・ポストマンは『デマの心理学』(1952年)という本の中で、「デマの流布量」は「重要度」と「曖昧さ」の積に比例するとして、次のような公式を発表している。

R ~ I×A

 この式のアルファベットの意味は、R=デマ(rumour)の流布量、I=情報の重要さ(importance)、A=情報の曖昧さ(ambiguity)であり、「~」は「比例する」という意味の記号である。

 つまり、ある情報が重要であればあるほど、かつ、曖昧であればあるほど、デマや噂が広がりやすいというのである。

 新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)に伴い、「トイレットペーパーが不足する」というデマが流れて、店頭からトイレットペーパーがなくなった経験を思い出してほしい。トイレットペーパーはなくてはならない必需品だ。ないとお尻が拭けなくなってしまう。この情報の重要度は極めて高い。

 一方で不足する理由については、トイレットペーパーのサプライチェーンを正確に知るその道のプロにでも聞かない限り、否定も肯定もできない。そんな人はほとんどいないため、「よく分からないけど、トイレットペーパーは不足するらしい。そして現に店頭からトイレットペーパーがなくなっている。買わなくては…」と、重要かつ曖昧な情報を根拠に人々が誤った行動をとってしまったのである。

次ページ ひろゆきの警句