株で悠々と儲(もう)けるベストの投資法は何か――。人気投資ブログ「エナフンさんの梨の木」筆者による書き下ろしの新著『割安成長株で勝つ エナフン流バイ&ホールド』(日経BP)の⼀部を抜粋・再構成して、個人投資家のための長期投資の鉄則を紹介します。

<span class="fontBold">奥山月仁</span>(おくやま・つきと、ハンドルネーム)<br>会社員投資家。高校2年から株式投資を始め、投資歴は約30年。大阪大学経済学部に入学し、故・蝋山昌一教授のゼミで証券理論を学ぶ。卒業後、大手企業の社員として堅実なサラリーマン生活を営むかたわら、ピーター・リンチに倣い、成長株に中長期で投資し、数億円の資産を築く。2008年5月からは、株式投資の正しい知識を広める目的で、ブログ「エナフンさんの梨の木」の執筆を続ける。同ブログを立ち上げるとともに、自らの投資内容をブログで公開するための口座を資金100万円で新たに開設し、バイ&ホールドでの運用を開始。13年後の2021年9月6日現在、その口座の運用金額は2842万円を突破した。著書に『“普通の人”だから勝てる エナフン流株式投資術』『“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法』(日経BP)などがある。</a>
奥山月仁(おくやま・つきと、ハンドルネーム)
会社員投資家。高校2年から株式投資を始め、投資歴は約30年。大阪大学経済学部に入学し、故・蝋山昌一教授のゼミで証券理論を学ぶ。卒業後、大手企業の社員として堅実なサラリーマン生活を営むかたわら、ピーター・リンチに倣い、成長株に中長期で投資し、数億円の資産を築く。2008年5月からは、株式投資の正しい知識を広める目的で、ブログ「エナフンさんの梨の木」の執筆を続ける。同ブログを立ち上げるとともに、自らの投資内容をブログで公開するための口座を資金100万円で新たに開設し、バイ&ホールドでの運用を開始。13年後の2021年9月6日現在、その口座の運用金額は2842万円を突破した。著書に『“普通の人”だから勝てる エナフン流株式投資術』『“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法』(日経BP)などがある。

ピーター・リンチに学び、ピーター・リンチに並ぶリターンを得る

 私は米国の伝説のファンドマネージャー、ピーター・リンチの本を教科書的に利用して、長期投資を実践している。リンチは、米資産運用会社フィデリティの旗艦ファンド(投資信託)を1977年から13年間運用し、1年当たり平均29%のリターン(運用益)を上げて、初期投資者の財産を28倍にも増やした超一流の長期投資家である。

 「さすがに自分が財産を13年間で28倍にするのは難しいにしても、この人のマネをすれば10倍くらいにはなるのではないか?」。そんな憧れを持って、私は短期トレード主体だった投資スタイルを完全に改め、2008年からは個別株を厳選して長期投資するバイ&ホールドを実践することにした。

 当時は短期トレードが大流行り(おおはやり)で、長期投資といえば、インデックスファンドやETFなどに広く薄く投資する長期分散投資が主流だった。株雑誌や株本を読んでも、バイ&ホールドの方法を丁寧に説明してくれる解説書は皆無と言ってよく、ピーター・リンチの書いた『ピーター・リンチの株で勝つ』(ダイヤモンド社)と『ピーター・リンチの株式投資の法則』(同)の2冊が私にとっては教科書だった。これを何度も何度も読み返し「自分の投資は間違っていないか?」「次は何をすべきか?」と自問自答を繰り返しながらの実践が始まった。

 そんなある日、自分1人で研鑽(けんさん)をしていてもつまらないと思い、ネット上にブログ「エナフンさんの梨の木」を開設して、自分の考える投資を誰にでも読んでいただくことを思いついた。私は、金融関係者の多くが自分のお金を個別株に投資することなく、企業評価や市場動向を解説している姿に違和感を抱いていた。そこで、個人として株式で運用している財産の中から100万円だけブログ用に取り出して専用の証券口座を開設し、その投資成績を公表しながら進めるというガチ勝負で行くことにした。2008年7月1日のことである。

 それから13年。その口座の残高は2021年9月6日現在2842万円と28倍を超えている。ピーター・リンチの言う通りに投資をしたら、ピーター・リンチと同じリターンを得ることができたのである。

(『割安成長株で勝つ エナフン流バイ&ホールド』5ページに掲載)
(『割安成長株で勝つ エナフン流バイ&ホールド』5ページに掲載)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ ピーター・リンチの時代にはなかった巨大な問題