全5410文字

 30万人を突破した日本で学ぶ外国人留学生。アニメやマンガなど日本のポップカルチャーに関心を持ち、日本が大好きな人も多い。卒業後に日本企業で働くことを希望する留学生も多いが、就職活動がうまくいかなかったり、就職できたとしても短期間で辞めたりする場合が少なくない。

 そんな外国人留学生たちの実態に迫ったのが、新刊『日本を愛する外国人がなぜ日本企業で活躍できないのか? 外国人エリート留学生の知られざる本音』だ。著者である九門大士氏は、東京大学公共政策大学院の外国人留学生向けの英語コースで教えており、亜細亜大学の教授として外国人留学生について研究を続けている。

 そんな九門氏が、民間出身の校長として公立の中学校や高校で教育改革に取り組み、12月に書籍『革命はいつも、たった一人から始まる』(ポプラ社)を発売する教育改革実践家の藤原和博氏と対談した。テーマは、ダイバーシティ(多様性)を叫ぶ一方で同質化が進む日本社会、そして個人の働き方だ。AI(人工知能)やロボットに奪われる仕事などについて議論した第1回の記事に続き、今回は人生100年時代のキャリアのあり方について、さらに深く掘り下げていく。(司会は山崎良兵=日経BP・クロスメディア編集部長)

藤原和博(ふじはら・かずひろ)
教育改革実践家。1978年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェロー。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。16年~18年、奈良市立一条高校校長を務めた。主な著書に『校長先生になろう!』(日経BP)、『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)、『100万人に1人の存在になる方法 不透明な未来を生き延びるための人生戦略』(ダイヤモンド社)など。
九門 大士(くもん・たかし)
亜細亜大学アジア研究所教授。東京大学公共政策大学院非常勤講師。東京大学公共政策大学院で外国人留学生向けに英語で「日本産業論」を教える。慶應義塾大学法学部卒、米ミシガン大学公共政策大学院修了。JETRO(日本貿易振興機構)にて中国・アジアにおける人材マネジメント・企業動向のリサーチなどを担当。中国・清華大学経済管理学院にて1年間の研修。2010年にグローバル人材育成を主業務として独立。東京大学工学部特任研究員などを経て、現職に就く。主な著書に『アジアで働く』(英治出版)など

藤原和博(以下、藤原):日本人は、キャリアと人生について、全くといっていいほどきちんとした教育や訓練を受けていません。多くの学校では、キャリア教育といっても職業調べにとどまっており、いわゆる「調べ学習」の延長線上にあります。

 「今の仕事の半分は10年後になくなる」といわれています。そこで、子どもたちがインターネットを使い、グーグルなどで仕事について調べますが、ほとんどはネット上にある情報をコピー&ペーストして集めてきます。それをプレゼンするので、正直言ってレベルが低いものが多い。このようなキャリア教育にはどうしても限界があります。

 「どの仕事がなくなるのか」「逆にどれが人間の仕事として残るのか」。今、私は企業研修などで話をする機会がよくあります。10年後にあなたの仕事はあるのかという話をする際に、実際になくなった仕事の例を出します。

 かつて駅の改札口にいた駅員の姿を見たことがあるかないか。それが世代を隔するものです。おじさんと少年を分けるリトマス試験紙とも言えるでしょう。自動改札機が普及して、駅員の姿は見事になくなりました。

 研修では次に駅と鉄道に関して、「改札口にいた駅員の次に誰がいなくなりそうですか」と聞きます。運転士、車掌、駅売店の店員、手旗を振っている駅員、車両の清掃員、レールのメンテナンス担当、運行ダイヤの作成担当に加えて、駅長さえもいなくなる可能性があります。