建築家・安藤忠雄氏が、2012年刊の自伝『仕事をつくる 私の履歴書』を改訂し新たに出版した。独学で大阪から世界に闘いを挑んだ80年の歩みを通して、これからの日本を生きる若い人たちを叱咤(しった)する書でもある。安藤氏がともに社会活動に取り組む42歳のユーグレナ社長・出雲充氏と、世代を超えて「面白い仕事」について語り合った。
最終回の今回は、安藤氏がバングラデシュにつくっている子どものための図書館の話を中心に、誇り高い生き方を考えていく。

(写真/太田未来子)
(写真/太田未来子)
安藤忠雄(あんどう・ただお)氏
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、69年安藤忠雄建築研究所を設立。79 年「住吉の長屋」で日本建築学会賞。代表作に「光の教会」「地中美術館」「ブルス・ドゥ・コメルス」など。91年ニューヨーク近代美術館、93年パリのポンピドー・センターで個展。イエール大学、コロンビア大学、ハーバード大学の客員教授を務め、97年東京大学教授(03年名誉教授)。93年日本芸術院賞、95年プリッカー賞、2005年国際建築家連合(UIA)ゴールドメダルなど受賞多数。10年文化勲章。15年イタリアの星勲章 グランデ・ウフィチャーレ章。21年、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章コマンドゥールを日本人建築家として初めて受勲した。
出雲充(いずも・みつる)氏
1980年広島生まれ。東京大学に入学した98年、バングラデシュを訪れ、深刻な貧困に衝撃を受ける。2002年東京三菱銀行(当時)入行。2005年株式会社ユーグレナを創業、代表取締役社長就任(現任)。同年、世界初の微細藻ミドリムシ(学名:ユーグレナ)食用屋外大量培養に成功する。世界経済フォーラム(ダボス会議)ヤンググローバルリーダー、第1回日本ベンチャー大賞「内閣総理大臣賞」、第5回ジャパンSDGsアワード「SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞」受賞。現在、経団連審議員会副議長、内閣官房知的財産戦略本部員、経産省SDGs経営/ESG投資研究会委員、ビル&メリンダ・ゲイツ財団SDGs ゴールキーパーを務める。

図書館づくりは将来のバングラデシュの担い手へのメッセージ

安藤忠雄氏(以下、安藤氏):出雲さんがバングラデシュに行って、ムハマド・ユヌスさんに出会った。出雲さんの好奇心がその出会いをキャッチしたからこそ、その後のユーグレナ(和名:ミドリムシ)での起業にまでつながったのだと思います。このユヌスさんの行動の仕方もこれまでの常識では考えられない。銀行というのは金を貸して利潤を得ていくのが仕事ですよね。

出雲充氏(以下、出雲氏):ええ、そうですね。

安藤氏:ノーベル平和賞を受賞した時に、金を貸して貧困層を救済できるなんて、と世界中が驚きました。しかも彼はその後もひたすら働き続けている。ひょっとしたら今の地球の危機を救ってくれるのは、この人ではないかとまで思えてしまいます。

出雲氏:前回の対談で安藤さんが話された、ルイス・カーンの国会議事堂ですが、バングラデシュの人たちはみんな自慢するんです。パキスタンから独立しようとバングラデシュの人たちが立ち上がった1960年代はじめからつくりはじめて、約20年かけて完成させることができたのだから(竣工は独立から11年後の82年)、 今は苦しくても頑張れるんだと。
近い将来、世界でも最貧国だったバングラデシュが日本より豊かな国になったら、日本人はどう感じると思いますか? みんな焦って、バングラデシュを見に行くと思うんです。いつの間に抜かれちゃったのかなと。

 私は断言しますが、今世紀中にバングラデシュは日本より豊かになります。今、バングラデシュはGDP(国内総生産)が毎年6~7%成長していますが(2020年の新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの年は除く)、日本はずっと横ばいです。日本が追い抜かれた時、日本の人口は1億人を切っているでしょう。対してバングラデシュの人口は2億人を超えているはずです。

 そこで初めて知るんです。 米国人建築家のルイス・カーンが国会議事堂をつくった意味を。日本のタダオ・アンドウが子どものための図書館「こども本の森」をつくった意味を。子どもたちの心と体の栄養をサポートする活動を、私がなぜ今やっているかというと、将来を担うバングラデシュの人たちに、日本を認めていてほしいからなんです。

世界中の人たちから本が集まる

安藤氏:前々回の対談で子どものための図書館をバングラデシュにつくろうとしていることはお話ししましたが、そこに収める本をどうやって集めるか。米国の大使館などで話をすると、当然、自分の国を代表する本を提供したいと言ってくださるんですが、彼らはバングラデシュの人たちにボランティアで翻訳してもらえばいいと言う。これが実現したら、世界中の人たちが持ち寄る本で図書館は成り立ちますよ。せっかくバングラデシュで「こども本の森」をつくるのであれば、自分たちの図書館として愛着を持ってほしい。建築は箱です。箱を育てていくのは、そこにいる人間なんです。この非常に新しい試みを、ユヌスさんたちがサポートしてくれそうなのがうれしいですね。

出雲氏:世界中から本も集めようと。

安藤氏:本は集まります。すでに日本ではたくさん寄贈されていますから。

出雲氏:であれば、翻訳は難しくないと思います。世界で日本語を使っている人は1億2500万人ですが、バングラデシュの母国語のベンガル語を使っている人は世界に2億6000万人いるんです。コルカタがあるインドの西ベンガル州とバングラデシュが主なベンガル語地域ですが、2億6000万人いれば、英語でも日本語でも翻訳をやってくれそうな学生はそれなりの数いるはずです。

安藤氏:へえ、そんなにいるんですか。将来の子どもたちが読む外国の本の翻訳を、将来の親になる世代がやってくれるというのは、なかなかいいですね。

次ページ 日本人が米国から受けた恩を、世界の子どもたちに送る