建築家・安藤忠雄氏が、2012年刊の自伝『仕事をつくる 私の履歴書』を改訂し新たに出版した。独学で大阪から世界に闘いを挑んだ80年の歩みを通して、これからの日本を生きる若い人たちを叱咤(しった)する書でもある。安藤氏がともに社会活動に取り組む42歳のユーグレナ社長・出雲充氏と、世代を超えて「面白い仕事」について語り合った。 第2回では、出雲氏が、「ユーグレナの食用屋外大量培養」というハードルの高い事業に挑んだ経緯について、安藤氏が質問を重ね、チャレンジすることの大切さを考えていく。

安藤氏設計の「こども本の森 中の島」(大阪市北区)にて(写真/太田未来子)
安藤氏設計の「こども本の森 中の島」(大阪市北区)にて(写真/太田未来子)
安藤忠雄(あんどう・ただお)氏
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、69年安藤忠雄建築研究所を設立。79 年「住吉の長屋」で日本建築学会賞。代表作に「光の教会」「地中美術館」「ブルス・ドゥ・コメルス」など。91年ニューヨーク近代美術館、93年パリのポンピドー・センターで個展。イエール大学、コロンビア大学、ハーバード大学の客員教授を務め、97年東京大学教授(03年名誉教授)。93年日本芸術院賞、95年プリッカー賞、2005年国際建築家連合(UIA)ゴールドメダルなど受賞多数。10年文化勲章。15年イタリアの星勲章 グランデ・ウフィチャーレ章。21年、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章コマンドゥールを日本人建築家として初めて受勲した。
出雲充(いずも・みつる)氏
1980年広島生まれ。東京大学に入学した98年、バングラデシュを訪れ、深刻な貧困に衝撃を受ける。2002年東京三菱銀行(当時)入行。2005年株式会社ユーグレナを創業、代表取締役社長就任(現任)。同年、世界初の微細藻ミドリムシ(学名:ユーグレナ)食用屋外大量培養に成功する。世界経済フォーラム(ダボス会議)ヤンググローバルリーダー、第1回日本ベンチャー大賞「内閣総理大臣賞」、第5回ジャパンSDGsアワード「SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞」受賞。現在、経団連審議員会副議長、内閣官房知的財産戦略本部員、経産省SDGs経営/ESG投資研究会委員、ビル&メリンダ・ゲイツ財団SDGs ゴールキーパーを務める。

年齢を重ねても好奇心旺盛な女性たち

安藤忠雄氏(以下、安藤氏):この間、私がよく知っている大阪の経営者に、サプリメントとしてユーグレナ(和名:ミドリムシ)を薦めてみたんですが、妻はもう飲んでるけれども、私はどうも……と。

出雲充氏(以下、出雲氏):男女で区別するのは今の時代にそぐわないということはわかっていますが、私がお会いした方の中では、どうも男性に保守的な方が多いようです。ユーグレナが「ミドリムシ」だと聞くだけで、引かれてしまうという経験をしてきました。

安藤氏:女性が元気で長生きなのが、今の日本の誇りです。そのために努力しています。たとえば朝。食事をつくる。食べたら食器を洗う。その後も目についた家のことはてきぱきこなす。昭和を生きてきた男性は食べたら終わり(笑)。大体そこで差が出る。それに女性はいくつになっても美しくなるための好奇心を忘れない。

出雲氏:そうかもしれません。

安藤氏:新聞やテレビで、あるいはネットで見て、新しいものを「面白そう、早速試してみよう」と言うのは女性で、男性は「うーん」と言っているうちに5年ぐらいたってる(笑)。

出雲氏:女性は友達を誘ってみんなで楽しみながら、新しいことに貪欲な方が多いですね。

次ページ 日本は国も年配男性も下降線をたどっていないか?