佐渡島:会社側が知りたいのは、一緒にプロジェクトを進めていくうえで、その人とコミュニケーションが取れるかどうか、その人がどんな強みを発揮してチームに貢献してくれるのか。それをお互いに居心地のよい状態でできるかどうか、を知りたいのです。

お互いに無理せず、居心地のよい状態で、というのがポイントですね。FFS理論の観点から言えば、無理した状態ではその人の強みはなかなか発揮されませんから。

佐渡島:そうです。そして、どんな強みかといえば、例えば、僕は「凝縮性」が高いのですが、この人は「凝縮性」ならではの明確な価値観で、リーダーシップを発揮してくれるのか。あるいは、「受容性」ならではの柔軟性と面倒見の良さで、チームを一つにまとめてくれるのか。「弁別性」ならではの合理性で、適切な判断を示してくれるのか。「拡散性」ならではの行動力で、新規事業を推進してくれるのか。「保全性」ならではのきめ細やかさで、チーム運営の仕組みを作ってくれるのか。あなたはどの強みでチームに貢献してくれますか?ということが面接では問われていると思うんですよ。

仕事は我慢ではない、楽しむもの

これまでのお話で、就活生に必要な自己理解の輪郭がすごく明確になった気がします。では最後に、佐渡島さんから就活生へのメッセージをいただいて、このインタビューを締めたいと思います。

佐渡島:はい。自己理解は就活のためだけにあるのではなくて、この先、大人になってからもずっと、いろんな人とコミュニケーションを取っていくうえで必要な能力です。

 その意味では、遅かれ早かれ、どこかの時点で自己理解はしっかりとやっておかないといけない。だから、就活はそれに取り組むいい機会だな、くらいに思っておけばいいんじゃないでしょうか。

そうですね。自己理解は他者と関わり続ける限り、ずっと必要になりますからね。

佐渡島:そうなんです。そして、これからは転職や副業は当たり前の時代ですから、就職したらそれで人生がすべて決まってしまうわけでもありません。社会に出てからも、さらに次のステップに進むための自己理解をどんどん進めていけばいいと思いますよ。

確かに。

佐渡島:それと、繰り返しになりますが、就活というのは、就活生が会社を見極める時間なんだよ、ということは強く伝えたいですね。

会社との相性を見極める、ということですね。

佐渡島:そもそも仕事というのは、我慢の結果として報酬が支払われるものではありません。自分が楽しみながら強みを活かした結果として、一緒に働く周りの人たちも楽しくなる。それに対して報酬が支払われるものなんです。だから、自分が我慢した見返りに一生食べさせてもらえる会社を見つける、という考え方はしないほうがいいです。

仕事に対する根本的な考え方として、「仕事を楽しむ」ことが大事なんですね。

佐渡島:そう、仕事は楽しまないと。すごくシンプルな話で、例えば犬アレルギーの人が動物園の職員になるのは、相当ハードルが高いですよね。おそらくその選択をする人はほとんどいない。

それは厳しそうですね。身体がつらくて、仕事なんて楽しめそうにないです。

佐渡島:こうした身体的なミスマッチならみんなイメージしやすいんですが、それ以外だと、つい我慢してしまう人が多いんです。実際にそういうミスマッチはたくさんあります。

精神的に我慢をしたり、我慢を強いられたり。

佐渡島:仕事を楽しむためにも、自分が居心地よく生きられる場所を見つけてほしいと思いますね。

そうですね。就活生の方々には、『あなたを引き出す自己分析』を活用して自己理解を深めて、自分が生き生きと働ける会社との出会いにつなげていただきたいと思います。今日はありがとうございました。

佐渡島:こちらこそ、ありがとうございました。


35巻#327 「自分への言葉」
35巻#327 「自分への言葉」
[画像のクリックで拡大表示]

© Chuya Koyama/Kodansha
(構成:前田 はるみ

※佐渡島さんのFFS理論との関わり、仕事への活かし方については下のリンクからどうぞ。
コルク佐渡島氏『みんないいアイデアに1度しか触れない』
『自分を嫌いな上司』の真実が分かる本

就活は、『宇宙兄弟』のこの「キャラ」に学ぼう!
ウェブ診断のアクセスコード付き

 企業の採用担当者に「自分の価値」を分かりやすく、かつ、ムダに“盛らず”に伝えたい。それには、正しい自己分析と、それを受け容れ、他人にうまく伝えることが必要です。FFS理論はあなたの個性を「凝縮性」「受容性」「弁別性」「拡散性」「保全性」の5つの因子で診断。あなたの内側にある「あなたの強みと弱み」を引き出して、言葉にします。

 さらに、自分と似た因子を持つ『宇宙兄弟』の、個性豊かなキャラクターたちのドラマを読みながら、「こうすれば相手に良さが伝わる」「こういう振る舞いはマイナス」と、自分の性格が生み出すポジティブ、ネガティブな印象が分かりやすく学べます。就職活動はもちろん、ビジネスパーソンの転職にも役立ちます。本には、ウェブサイトでより詳しい診断が受けられる袋綴じのアクセスコードが付いています。

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。