[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
同僚のせりかへの好意をアクロバット飛行で打ち明けようとするムッタ。が、位置取りが悪くてハートマークに見えず……。好きだと伝える時は段取りは慎重に。(14巻#138 「バルタン星人」)
同僚のせりかへの好意をアクロバット飛行で打ち明けようとするムッタ。が、位置取りが悪くてハートマークに見えず……。好きだと伝える時は段取りは慎重に。(14巻#138 「バルタン星人」)
[画像のクリックで拡大表示]

デートのお誘いと面接の共通点とは?

デートですか。

佐渡島:どこに行こうか相談しているときに、相手に話を合わせてばかりで、自分の行きたい場所を全然言わない。それで、自分はそれほど興味がないし、まったく知らない場所だけれど、相手に合わせて「行きたい」ふりをして、その場所に出かけたとしたらどうですか?

う~ん、全然楽しめないです。

佐渡島:そう。デートの最中も不安や不満ばかりで全然楽しくないですよね。デートの行き先を相談するときって、相手と一緒に楽しむ方法を探すための会話をしているんです。だから、お互いの希望を出し合って、2人が一緒に楽しめる場所を探すのがいい。

そうですね。

佐渡島:これは面接も同じです。面接する相手とは、将来一緒に仕事やプロジェクトに取り組んでいくわけですから、一緒にどうやってプロジェクトを進めようか、というお誘いをお互いにしている、ということなんですよ。だから、デートの行き先を決めるのと、あまり変わらないんです。

デートと面接の共通点。すごく分かりやすい例えです。

佐渡島:それなのに、面接では相手が自分の本質を見抜こうとしているんじゃないか、自分の本質をうまく演出したほうがいいんじゃないか、と勘違いしてしまう人が多い。でも、そうじゃないんですね。

はい。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
米国でレストラン強盗から逃げるつもりが結果的に“撃退”し、現地のテレビに出ることになったムッタ。一方日本では、ムッタの元上司の流した悪評が逆恨みであることをJAXAの星加と二村が調べ上げていた。「ムッタと働きたい、彼を宇宙飛行士にしたい」という思いが2人を動かした。そして、ムッタの人生の扉が開く。(2巻#14 「白煙天国」)
米国でレストラン強盗から逃げるつもりが結果的に“撃退”し、現地のテレビに出ることになったムッタ。一方日本では、ムッタの元上司の流した悪評が逆恨みであることをJAXAの星加と二村が調べ上げていた。「ムッタと働きたい、彼を宇宙飛行士にしたい」という思いが2人を動かした。そして、ムッタの人生の扉が開く。(2巻#14 「白煙天国」)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 仕事は我慢ではない、楽しむもの