全8436文字

 日本のビジネス書読者の間にも浸透しつつある「世界標準の経営学」。

 それが実は、米国社会によって「作られた科学」だったとしたら?

 日経ビジネス電子版でのインタビュー記事が大きな反響を呼んだ、早稲田大学商学部の三橋平教授の刺激的な論考を紹介するシリーズの第2回。

 第1回は、<1.はじめに>で、全体像を示した後、<2.「世界標準の経営学」とは何か?>を論じた。

 第2回となる本稿では、<3.「世界標準の経営学」はどのように生まれたのか?>という歴史的経緯を振り返ったうえで、<4.「世界標準の経営学」は絶対的な存在か?>を問う。

* ご興味のある方は、こちらからお読みください。
ドラッカーはなぜ、「世界標準の経営学」から忘れられたのか?
不況業種で働くあなたが、教養を学ぶべき理由

 今年9月2~5日に開催された「日本経営学会 第94回全国大会(in Zoom)」において、大きな注目を集めたテーマが、<「世界標準」の経営学とはどのようなものか、それは進んだ研究なのか>。

 早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授によるベストセラー『世界標準の経営理論』で、一般にも浸透した感のある「世界標準」という言葉遣い。その含意と功罪とは。本稿は、三橋教授が上記学会での発表のために著した「報告要旨」(日本経営学会第94回大会予稿集原稿)を、改めて整理したものだ。

 米国経営学界でそうそうたる受賞歴を持ち、日本人にはまれな「世界標準の経営学者」の一人である三橋教授。学術的な表現も含めて、世界標準の言説を味わい、堪能していただければ幸いだ。

 入山教授が巻頭解説を著し、三橋教授がコメントを寄せた『世界最高峰の経営教室』の刊行を記念した本企画。この本は、マイケル・ポーター教授、フィリップ・コトラー教授、ヘンリー・ミンツバーグ教授に、「両利きの経営」のチャールズ・オライリー教授や「ダイナミック・ケーパビリティ」のデビッド・ティース教授など、まさに「世界標準」の経営学者が日本の読者に向けて語り下ろした講義録だ。経営学に興味のある方はぜひ、併せてお読みいただきたい。

前回から続く)

3.「世界標準の経営学」はどのように生まれたのか?

 ここでは、科学知アプローチがどのようにして欧米、特に米国で標準となったのか、そのプロセス、歴史的背景について概観し、科学知アプローチが社会的、歴史的要因によって誕生した「作られた科学」であることを示す。

三橋平(みつはし・ひとし)
早稲田大学商学部教授
1994年慶応義塾大学総合政策部卒業。2001年、米コーネル大学大学院産業労働関係研究科で博士号(Ph.D.)取得。2000年から筑波大学理工学群社会工学類で専任講師、准教授。2008年から慶応義塾大学商学部准教授、2009年同教授。2019年から早稲田大学商学部教授(現職)。専門は経営学、組織論。 Academy of Management Journal、Strategic Management Journal、Organization Scienceなどの国際的な一流学術誌に論文を多数掲載。2008年、米国経営学会・経営戦略部門最優秀論文賞受賞。2011年、国際経営学会最優秀論文賞ノミネート。2012年アジア経営学会組織・経営理論部門最優秀論文賞。2013年Management Research Review誌Highly Commended論文賞。(写真:稲垣純也)

 米国の経営学研究の中心はビジネス・スクールだが、その存在意義を大きく揺るがすレポートが1959年に発表された。フォード財団から発表されたGordon-Howell (1959)レポートである。

フォード財団の衝撃

 McLaren (2018)によれば、このレポートで、彼らは当時のビジネス・スクールは「商業」学校であり、ビジネス教育の拠点ではないと批判した。

 具体的には、低い学生のレベル、適切な学術的トレーニングを受けていない教員、職業的で非教養的なカリキュラム、そして、低い学術研究レベルが問題とされた。例えば、”the record of the business school is particularly poor on the side of research” (1959: 356)(ビジネス・スクールの研究面での成果はあまりにも貧弱)という記述がレポートにはあり、大学教員としての良質な、堅牢(けんろう)な研究をする必要があると提起している。

 また、論文があったとしても、それは単なる現実の記述や経験談で終わっているものが多く、一般性の高い、理論を伴った知識体系の確立には程遠いという批判が展開された。

 (フォード財団のレポートが出た)同年に、同様のレポートがカーネギー財団からも出され、ここでも、国力向上にはビジネス教育が不可欠であるが、現状の研究力では不十分という結論に至っている。