全5951文字

 一橋ビジネススクール教授の楠木建氏と社史研究家の杉浦泰氏がタッグを組んだオンラインゼミナールの人気シリーズ「逆・タイムマシン経営論」。

 これまで多くの企業が、日本より先を行く米国などのビジネスモデルを輸入する「タイムマシン経営」に活路を見いだしてきた。だが、それで経営の本質を磨き、本当に強い企業になれるのだろうか。むしろ、大切なのは技術革新への対応など過去の経営判断を振り返り、今の経営に生かす「逆・タイムマシン経営」が重要だと主張する。

 経営判断を惑わす「飛び道具」「激動期」「遠近歪曲」といった3つの「罠=トラップ」をどう回避すればいいのか。近過去の歴史を検証すれば、変わらない本質が浮かび上がる。戦略思考と経営センスを磨く「古くて新しい方法論」を提唱する両氏が、シリーズに大幅に加筆した書籍『逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知』(日経BP)を発売した。

 本書の発売に合わせて、楠木氏と杉浦氏に、今なぜ逆・タイムマシン経営論なのかを聞くシリーズの第1回。今回はコロナ禍で発生している「同時代のノイズ」などを取り上げる。

(聞き手は山崎良兵、大竹 剛、藤田宏之)

楠木 建
一橋ビジネススクール教授。1964年生まれ。89年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年から現職。専攻は競争戦略。 写真:的野弘路
杉浦 泰
社史研究家。1990年生まれ、神戸大学大学院経営学研究科を修了後、みさき投資を経て、ウェブエンジニアとして勤務。そのかたわら、2011年から社史研究を開始。個人でウェブサイト「The社史」を運営している。写真:的野弘路

目の前で起きている情報を整理して正しく伝える、という役割を持つ我々メディアにとっては、「逆・タイムマシン経営論」は、過去に書いた記事の答え合わせを強要されているような部分もあります。実際、本書に登場する記事の中には、聞き手の1人である山崎が10~20年前に執筆したものがいくつかあり、ドキドキしながら読みました。

楠木:逆・タイムマシン経営論では、過去の雑誌や新聞の記事などを題材としますが、受け手である視聴者や読者の側は、それらが商業メディアであることを忘れてはいけません。本書でトラップの1つとして取り上げている「激動期」といった言葉にしても、雑誌を買ってもらうためにはもちろん必要なキーワードだと思います。仮に「今こそ平常期」という特集を掲載した雑誌を作ったとしても、誰が買いますか? 私のようなひねくれ者は逆に読みたい、と思いますが(笑)。

 商業メディアに「売れそうな見出しを立てるな」というのは、「ヘビにくねくねするな」と言っているようなもので、ナンセンスです。結果として生まれる「同時代のノイズ」を含めてその記事が貴重な史料となるのです。そうした面がある前提で、様々な記事を読み解くセンスを磨くことがとても重要になります。