全6050文字

 感染症は、人間の生きる世界をいかに変えてきたのか?

 歴史学者である、東北大学大学院経済学研究科の小田中直樹教授が、この問いに答えるのが、『感染症はぼくらの社会をいかに変えてきたのか ― 世界史のなかの病原体』だ。ポストコロナを予測する材料を世界史のなかに探した。

 願わくば、本書を起点に、読者に「その先」を探求してもらいたい。

 そんな思いから、第一読者となっていただいたのが、研究開発型バイオベンチャー、ユーグレナ社の創業メンバーである鈴木健吾さん。感染症の歴史をたどるには、サイエンスの素養も求められる。医学と農学の両博士号を持つ鈴木さんに、科学者の視点から感染症の歴史を振り返ってもらってきたこのシリーズ。

 大学時代にブラック・ショールズ理論を瞬時に理解して運用に活用し、「大学生投資コンテスト」で圧勝。同窓だったユーグレナ社の出雲充社長を驚愕(きょうがく)させた“天才”は、今、何を目指すのか。

 宇宙を実験フィールドとし、その成果を地球にフィードバック。「ユーグレナ=ミドリムシ」から、食料も繊維、肥料も燃料もつくり、サステナブルな社会をつくる。そんな壮大な構想をひもとく。ついでに、理系と文系の思考回路の違いにも迫ります。

鈴木 健吾(すずき・けんご)
1979年生まれ。東京大学農学部生物システム工学専修卒、2005年8月、出雲充氏(現ユーグレナ社長)、福本拓元氏(現ユーグレナ執行役員・ヘルスケアカンパニー営業部担当)とともにユーグレナ創業、取締役研究開発部長就任。同年12月、世界初の微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。06年東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了。16年東京大学大学院農学博士学位取得。19年北里大学大学院医学博士学位取得。現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナおよびその他藻類のヘルスケア部門における利用に関する研究に携わる傍ら、ユーグレナ由来のバイオ燃料製造開発に向けた研究に挑む。19年よりマレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。

鈴木さんの専門分野はもともと、微細藻類の研究ですが、現在、宇宙科学について勉強中。文部科学省の宇宙関連の部会に臨時委員として参加し、専門家と議論もされていると、前回うかがいました。
 しかし、40代になって、まったく畑違いの分野をあらためて勉強しているのはなぜ?
 そう尋ねたところ、「宇宙空間に、地球に類似した閉鎖生態系を再現し、実験フィールドとして活用したい」ということでしたね。
 いったい、どんな実験をしたいのでしょうか。

鈴木:前提から、ご説明しましょう。

 地球は、厳密には閉鎖していませんが、「多くの物質が地球の重力下でぐるぐる回っている」と考えれば、閉鎖生態系に近いと考えていいでしょう。

 このモデルで、地球温暖化の問題を考えてみるとこうなります。

 地中から掘り出された石油をはじめとする化石資源が、二酸化炭素を生み、それが薄い地表上に対流している。この滞留する二酸化炭素が、温暖化ガスとして機能し、地表が暖かくなっているのではないか、という仮説です。また、地中にある化石資源が、いずれすべて掘り出されて枯渇するのではないかという懸念もあります。

 これらの仮説や懸念に対し、それならば、「地中から化石資源を掘り出す」のでなく、「地表において化石資源と同じ機能を持つモノをつくればいい」のではないか、と、私たちは考えています。

どういうことでしょうか?