全5058文字

嫌われる勇気』の著者である、哲学者の岸見一郎氏。リーダーシップを初めて論じた新刊『ほめるのをやめよう ― リーダーシップの誤解』で、下記のような、旧来の「部下指導の常識」をすべて否定する。

□ 強いリーダーは、部下をぐいぐい引っ張る
□ ほめて育てないと部下は伸びない
□ 部下をしつけるためには、ときに叱ることも必要だ

 そんな岸見流のリーダーシップ論を、現役経営者にぶつけるシリーズ。前回に続き、サイボウズの青野慶久社長と語り合う。

 今回のテーマは、生産性を追求することの是非。

 岸見氏は「競争と生産性を重視する社会」に否定的だが、岸見氏が主張するリーダーシップは、実際には、企業の生産性を高め、ひいては競争力を高めるのではないか――。青野社長が、鋭く切り込む。

青野慶久(あおの・よしひさ)
1971年生まれ。愛媛県出身。大阪大学工学部卒業後、松下電工(現パナソニック)を経て、97年、愛媛県松山市で、グループウエアの開発、販売を手がけるサイボウズを設立。2005年、社長就任。社内のワークスタイル変革を推進するとともに3度の育児休暇を取得。クラウド化の推進で事業を成長させ、19年12月期の売上高は前期比18.7%増の134億1700万円。著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)、『会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。』(PHP研究所)、『「わがまま」がチームを強くする。』(監修、朝日新聞出版)など。
岸見 一郎(きしみ・いちろう)
1956年、京都生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(古賀史健氏と共著、ダイヤモンド社)、『生きづらさからの脱却』(筑摩書房)、『幸福の哲学』『人生は苦である、でも死んではいけない』(講談社)、『今ここを生きる勇気』(NHK出版)、『老後に備えない生き方』(KADOKAWA)。訳書に、アルフレッド・アドラー『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(アルテ)、プラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)など多数。

青野:岸見先生の『ほめるのをやめよう』を読んで、私から、問題提起したいことがあります。

 この本を読むと、岸見先生は「行きすぎた競争社会」に否定的だと感じます。その言説は「過剰な生産性重視に対する批判」と言い換えてもいいかもしれません。

 が、ここは私としては、ひとつ議論してみたいところなのです。

確かに、『ほめるのをやめよう』には、競争に対して否定的と受け取れる記述が散見されます。例えば……

◎「上司は職場の中にある競争関係を根絶しなければなりません」(39ページ)。
◎「別に出世しなくてもいいのです。人間は働かなければ生きていけませんが、働くために生きているわけではない」(185ページ)。
◎「厳しい競争社会の中で『自分なんてダメな人間だ』と思い込んでいる人に、誰かが手を差し伸べないといけない」(211ページ)。

……など。これらの主張に、青野社長は違和感を覚える、ということですか。

青野:いや、そうではなく、岸見先生の主張は必ずしも、生産性や競争力の向上と相反しないのではないか、ということです。