嫌われる勇気』の著者である、哲学者の岸見一郎氏。リーダーシップを初めて論じた新刊『ほめるのをやめよう ― リーダーシップの誤解』で、下記のような、旧来の「部下指導の常識」をすべて否定する。

□ 強いリーダーは、部下をぐいぐい引っ張る
□ ほめて育てないと部下は伸びない
□ 部下をしつけるためには、ときに叱ることも必要だ

 そんな岸見流のリーダーシップ論を、現役経営者にぶつけるシリーズ。前回に続き、サイボウズの青野慶久社長と語り合う。

 今回のテーマは、部下に謝ることの是非。社員に対して、よく「ごめんなさい」と言う青野社長に、岸見氏から突っ込みが入る。

<span class="fontBold">青野慶久(あおの・よしひさ)</span><br> 1971年生まれ。愛媛県出身。大阪大学工学部卒業後、松下電工(現パナソニック)を経て、97年、愛媛県松山市で、グループウエアの開発、販売を手がけるサイボウズを設立。2005年、社長就任。社内のワークスタイル変革を推進するとともに3度の育児休暇を取得。クラウド化の推進で事業を成長させ、19年12月期の売上高は前期比18.7%増の134億1700万円。著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)、『会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。』(PHP研究所)、『「わがまま」がチームを強くする。』(監修、朝日新聞出版)など。
青野慶久(あおの・よしひさ)
1971年生まれ。愛媛県出身。大阪大学工学部卒業後、松下電工(現パナソニック)を経て、97年、愛媛県松山市で、グループウエアの開発、販売を手がけるサイボウズを設立。2005年、社長就任。社内のワークスタイル変革を推進するとともに3度の育児休暇を取得。クラウド化の推進で事業を成長させ、19年12月期の売上高は前期比18.7%増の134億1700万円。著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)、『会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。』(PHP研究所)、『「わがまま」がチームを強くする。』(監修、朝日新聞出版)など。
<span class="fontBold">岸見 一郎(きしみ・いちろう)</span><br> 1956年、京都生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(古賀史健氏と共著、ダイヤモンド社)、『生きづらさからの脱却』(筑摩書房)、『幸福の哲学』『人生は苦である、でも死んではいけない』(講談社)、『今ここを生きる勇気』(NHK出版)、『老後に備えない生き方』(KADOKAWA)。訳書に、アルフレッド・アドラー『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(アルテ)、プラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)など多数。
岸見 一郎(きしみ・いちろう)
1956年、京都生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(古賀史健氏と共著、ダイヤモンド社)、『生きづらさからの脱却』(筑摩書房)、『幸福の哲学』『人生は苦である、でも死んではいけない』(講談社)、『今ここを生きる勇気』(NHK出版)、『老後に備えない生き方』(KADOKAWA)。訳書に、アルフレッド・アドラー『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(アルテ)、プラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)など多数。

青野:怒濤(どとう)の2020年も、もう9月。学校が一斉休校になった2月末からのこの半年を振り返ると、昭和型のマネジメントの限界がいよいよ明らかになってきたような気がするのです。

 昭和型のマネジメントとは、おそらく「叱る/ほめる」で、人を動かすことであり、その前提として、リーダーの「威厳」というものを大事にしていたのかもしれない。リーダーは偉くて、威厳があって、だから間違わないし、間違ってはいけない。たとえ間違っても、間違いを認めてはいけない(笑)。

新型コロナは社長のせいではない

岸見:そうですね。だから、間違いを認めるなんてことはしないで、我が道を行く。けれど、そのようなことをしていると、これからの時代、リーダーは信頼を失うと思います。

 どんなリーダーでも、結果が出ないということはあります。新型コロナの感染拡大は、リーダーの責任ではありません。

新型コロナがはやるのは、社長のせいではない、と。

続きを読む 2/5 社長が社員に「ごめんなさい」

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。