岸見:今のお話をうかがって申し上げたいのは、「対等の関係を築けていなければ、あらゆる技法は無効である」ということです。

 私の主張するような「ほめない」「叱らない」、さらには「部下を勇気づける」といったリーダーシップの手法について、「その通りだ」と納得し、実践いただいたとしても、相手との関係が対等でなければ、すべて操作であり、支配なのです。

 逆にいうと、相手との間に対等の関係を築けていれば、何を言っても大丈夫なのです。

青野:なるほど。

岸見:ただ、そこに到達するには、やはり時間がかかります。最初は、気をつけたほうがいいです。「こういう言葉を使うと、相手を傷つけるのではないか」ということを、過剰に気をつけるくらいでちょうどいいと思います。

 それがやがて、相手との関係が本当に対等になって、信頼関係ができたなら、周囲で聞いている人が「あんな言い方はないよな」と思うような言い方をしたとしても、部下の勇気をくじくことにはなりません。

 親子も「この子には、何を言っても大丈夫だ」と思えるような関係になれば素敵です。でも、最初は「親しき仲にも礼儀あり」。丁寧な言葉使いを心掛けたほうがいいでしょう。

 ここは、難しいところです。

 アドラー心理学を誤用される方がよくいて、ここのところをよく分かっておられないままに「あ、アドラー。これは使える」という発想をされる。

「嫌われる勇気」が、悪用されている

青野:悪用しちゃう感じでしょうか。

岸見:そうです。けれど、やはり、賢明な若者は見抜いています。

青野:実は、『ほめるのをやめよう』を読んで、個人的にとても面白かったのが、「嫌われる勇気」に対する誤解のくだりです。これも、悪用と言っていいかもしれない。

この続きは次回。以前にも取り上げた「嫌われる勇気」の誤解について議論を深めます。青野社長が、自分自身の体験から痛感する、リーダーに求められる「嫌われないようにする勇気」とは、何か。

日経BPから『ほめるのをやめよう ― リーダーシップの誤解』を発売しました。

上司であることに自信がないあなただから、
よきリーダーになれる。そのために―

◎ 叱るのをやめよう
◎ ほめるのをやめよう
◎ 部下を勇気づけよう

『嫌われる勇気』の岸見一郎が放つ、脱カリスマのリーダーシップ論

ほぼ日社長・糸井重里氏、推薦。
「リーダー論でおちこみたくなかった。
おちこむ必要はなかったようだ」

●本文より―

◎ リーダーと部下は「対等」であり、リーダーは「力」で部下を率いるのではなく「言葉」によって協力関係を築くことを目指します。

◎ リーダーシップはリーダーと部下との対人関係として成立するのですから、天才であったりカリスマであったりすることは必要ではなく、むしろ民主的なリーダーシップには妨げになるといっていいくらいです。

◎ 率直に言って、民主的なリーダーになるためには時間と手間暇がかかります。しかし、努力は必ず報われます。

◎ 「悪い」リーダーは存在しません。部下との対人関係をどう築けばいいか知らない「下手な」リーダーがいるだけです。

◎ 自分は果たしてリーダーとして適格なのか、よきリーダーであるためにはどうすればいいかを考え抜くことが必要なのです。

この記事はシリーズ「Books」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。